土工

土質調査におけるサウンディング試験について

土質調査におけるサウンディング試験について

サウンディングはロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重をかけて、地盤の固さや締まり具合の性状を調査する方法です。

標準貫入試験・ポータブルコーン貫入試験・スウェ-デン式サウンディング試験・ベーン試験が該当します。

 

方法名称連続性測定値測定値からの
推定値
適用地盤可能深さ
(m)
特徴
静的スウェーデン式サウンディング試験連続各荷重による沈下量(Wsw)、貫入1m当たりの半回転数
(Nsw)
標準貫入試験のN値や一軸圧縮強さqu値に換算軟弱地盤10m程度標準貫入試験に比べて作業が簡単である
ポータブル
コーン
貫入試験
連続貫入抵抗粘土の一軸圧縮強さ、粘着力粘性土や
腐植土地盤
5m程度簡易試験で極めて迅速
二重管式
コーン
貫入試験
連続先端抵抗qcせん断強さ、土質判別粘性土地盤や砂質土地盤3m程度ポータブルと比較してデータの信頼性が高い
孔内水平
載荷試験
不連続圧力、
孔壁変化量
変形係数、
降伏圧力
孔壁が自立するあらゆる地盤、岩盤基本的に
制限無し
推定量の力学的意味が明瞭である
動的標準
貫入試験
不連続N値せん断抵抗角、粘着力玉石、転石を除くあらゆる地盤基本的に
制限無し
普及度が高く、ほとんどの地盤調査で行われる
簡易動的
コーン
貫入試験
連続NdNd=1~2N同上15m程度標準貫入試験に比べて作業が簡単である

標標準貫入試験

標標準貫入試験は、標準的な原位置試験法として認められ、1961年(昭和34年)にJISA-1219に「原位置における土の硬軟、締まり具合の相対値を知るためのN値を求める貫入試験」として規定されました。

標準貫入試験に得られるデータをN値と呼び、地盤の安定性を推定する目安になります。

標準貫入試験とともに、土の試料を採取することができ、地盤の性状判定・室内土質試験が可能になります。

63.5kgのハンマーを760mmの高さから自由落下させて、サンプラーを土中に300mm貫入させるのに要する打撃回数(N値)を測定する試験です。

標準貫入試験の試験方法と結果についてサウンディングとは、ロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重をかけて、地盤の固さや締まり具合の性状を調査...

ポータブルコーン貫入試験

ポータブルコーン貫入試験(コーンペネトロメータ)は、人力でコーンを貫入し、貫入抵抗を求める静的貫入試験です。

軟弱地盤の土層構成や厚さ (深さ) などを求め、

  • 建設機械のトラフィカビリティ (通行性能) 
  • 盛土締め固め管理
  • 戸建住宅地の地耐力

の判定に使用されています。

ポータブルコーン貫入試験の試験方法と結果についてサウンディングとは、ロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重をかけて、地盤の固さや締まり具合の性状を調査...

スウェ-デン式サウンディング試験

スウェ-デン式サウンディング試験は、深さ10m程度の軟弱地盤層を対象に、原位置における土の硬軟・締まり具合・土層の構成を判定するための静的貫入抵抗を求める試験方法について規定され、 2013年JIS A 1221:2013が制定されました。

戸建住宅向けの地盤調査のほとんどがスウェ-デン式サウンディング試験を用いています。

「SS試験」や「SWS試験」と呼ばれています。

  • 簡易的に地盤支持力(換算N値)を求められる。
  • 費用が安く、小規模建築物(住宅など)の地盤調査方法として広く普及している。
  • 調査期間が短く、5ポイントの場合、半日程度で完了する。

などの特徴があります。

スウェーデン式サウンディング試験の試験方法と結果についてサウンディングとは、ロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重をかけて、地盤の固さや締まり具合の性状を調査...

ベーン試験

ベーン試験は、土の原位置試験の1つで、軟弱地盤のせん断強さを測る試験です。地盤工学会基準 JGS 1411 に規定されている「原位置ベーンせん断試験」です。

せん断強さを調べる試験方法として、室内試験では三軸圧縮試験、粘性土地盤の非排水では一軸圧縮試験が用いられているのが一般的です。

軟弱さに応じて、水平載荷試験、ベーンせん断試験等も各種調査指針、技術基準などの調査方法の一つとして位置づけられています。

地盤改良の方法(工法)や杭を含めた基礎の種類の選択指針にもなります。

ベーン試験の試験方法と結果についてサウンディングとは、ロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重をかけて、地盤の固さや締まり具合の性状を調査...

まとめ

原位置試験には、サウンディング試験、平板載荷試験、現場透水試験、単位体積質量試験があります。この中でもサウンディング試験について、まとめさせていただきました。

実際に使用したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...

参考文献

小規模建築物基礎設計指針.日本建築学会

住宅地盤の調査・施工に関する技術基準書.住宅地盤品質協会

地盤調査の方法と解説.地盤工学会

建築物の構造関係技術基準解説書〈2015年版〉. 建築研究所 (監修), 国土交通省住宅局建築指導課 (編集), 日本建築構造技術者協会 (編集)