土工

現場透水試験の試験方法と結果について

原位置試験とは、現場の元の状態のままで実施する試験の総称で、現場で比較的簡易に土質を判定したい場合や、土質試験に供する乱さない試料の採取が困難な場合に実施する試験です。

  • サウンディング試験
  • 平板載荷試験
  • 現場透水試験
  • 単位体積質量試験

が該当します。

今回は、現場透水試験について、勉強したことをまとめたいと思います。

現場透水試験とは?

地盤の透水係数を簡便に求める試験です。単一のボーリング孔あるいは単一の井戸を利用して地盤の透水係数を求めます。

試験方法については、「非定常法」「定常法」の2種類があります。

非定常法は、測定用パイプ内の水位を一時的に低下・上昇させて、平衡状態に戻るまでの水位変化を測定し、地盤の透水係数を求めます。

定常法は、揚水・注水により測定用パイプ内の水位を一定にさせて、その時の流量を測定し、地盤の透水係数を求めます。

透水係数 10 -4 cm/s 以下の地盤では非定常法が、透水係数 10 -4 cm/s 以上の地盤では定常法が適しているといわれています。

現場透水試験方法について

一般的な非定常法について示します。

  1. 試験深度の手前までボーリングします。
  2. ケーシングを込む。
  3. スライムの除去と孔内洗浄を行う。
  4. 地下水を汲み出す。
  5. 地下水位低下後、地下水位の回復状況を測定する。
  6. 水位変動がなくなる平衡水位(安定水位)まで、水位を測定します。

試験を結果を用いて、土質判定の仕方( 極限支持力Pu

参照:第一コンテク株式会社HP

水位(対数目盛)と経過時間(算術目盛)との関係から、初期の直線部分の傾きmを求め、透水係数kを算定する。

不圧地下水 k=0.66×d^2×log(2L/D)×m/L

被圧地下水 k=0.66×d^2×log(4L/D)×m/L

k:透水係数(cm/sec)
m:グラフの初期直線部分の傾き log(S1/S2)/(t2-t1)
d:測定パイプの内径(cm)
D:試験(透水)区間の直径(cm)
L:試験(透水)区間の長さ(cm)

まとめ

現場透水試験について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

原位置試験として

  • サウンディング試験
  • 平板載荷試験
  • 現場透水試験
  • 単位体積質量試験

が該当する中で、今回は現場透水試験について紹介しました。

他の試験についてもまとめさせていただいてますので、詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

土質調査における原位置試験について土質調査における原位置試験について 原位置試験とは、現場の元の状態のままで実施する試験の総称で、現場で比較的簡易に土質を判定したい場合...

また、実際に勉強に使用したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。

良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...

参考文献

地盤工学会「地盤調査法」

関東地質調査業協会「ボーイング孔を利用した」原位置試験についての技術マニュアル」

西垣 誠先生「単孔式現位置透水試験法の諸問題」井戸とポンプVol.28

地盤調査の方法と解説. 地盤工学会

地質調査要領―効率的な地質調査を実施するために.全国地質調査業協会連合会

ボーリングポケットブック(第5版). 一般社団法人全国地質調査業協会連合会