土工

単位体積質量試験(コアカッター法)の試験方法と結果について

原位置試験とは、現場の元の状態のままで実施する試験の総称で、現場で比較的簡易に土質を判定したい場合や、土質試験に供する乱さない試料の採取が困難な場合に実施する試験です。

  • サウンディング試験
  • 平板載荷試験
  • 現場透水試験
  • 単位体積質量試験

が該当します。

単位体積質量試験は、現場において、地山または盛土などの単位体積当たりの質量から、湿潤密度と乾燥密度を求め、締固め施工管理に用いります。

  • 砂置換法
  • コアカッター法
  • RI計器

による方法があります。

今回は、コアカッター法について、勉強したことをまとめたいと思います。

単位体積質量試験(コアカッター法)とは?

コアカッター法は、細粒土を対象とする試験方法です。作業性もよく測定値のばらつきも少ないのでコアカッターの貫入が可能な地盤では良く用いられる方法です。

粗粒土であっても砂質土で貫入に支障がない場合には適用することができます。

試験対象土にコアカッターを打ち込み、掘り出した後に両端面を整形して質量を計り、土の密度を求めます。

コアカッターは内径が50~150mm、長さが10~20cmで貫入のための刃先がついたものを用います。

粗粒分を含まない粘性土を静的に切り出して切り出した分の質量と体積を測定して密度を求める「コアカッター法」(地盤工学会基準(JGS 1613))が該当します。

まとめ

コアカッター法について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

単位体積質量試験として

  • 砂置換法
  • コアカッター法
  • RI計器

が該当する中で、今回はコアカッター法について紹介しました。

他の試験についてもまとめさせていただいてますので、詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

土質調査における単位体積質量試験について土質調査における単位体積質量試験について 単位体積質量試験は、現場において、地山または盛土などの単位体積当たりの質量から、湿潤密度と乾...

また、実際に勉強に使用したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。

良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...

参考文献

地盤工学会「地盤調査法」

地盤調査の方法と解説. 地盤工学会

地質調査要領―効率的な地質調査を実施するために.全国地質調査業協会連合会