土工

軽量盛土工法におけるタイヤチップス軽量土工法について

軟弱地盤対策工法として、

  • 表層処理工法
  • 緩速載荷工法
  • 抑え盛土工法
  • 置換工法
  • 軽量盛土工法
  • 載荷重工法
  • バーチカルドレイン工法
  • サンドコンパクションパイル工法(締固め砂杭工法)
  • バイブロフロテーション工法
  • 固結工法
  • 排水工法

が挙げられます。

軽量盛土工法では、以下の材料が利用されます。

今回、この中にあるタイヤチップス軽量土工法について、勉強したことをまとめたいと思います。

軽量盛土工法におけるタイヤチップス軽量土工法について

タイヤチップ軽量土工法は、軽量化を図ったタイヤチップス混合軽量土を盛土などに用いて荷重低減等を図る工法です。

フランスでは、この廃タイヤ盛土はPneusol(プノソル)と呼ばれており、耐振動性・耐沈下性・防凍性に優れていることが実証されています。

タイヤの交換時や廃車時に発生する古タイヤの量は約100万t/年と言われています。

古タイヤのリサイクル率は約90%ほどで、リサイクル量の約半分はサーマル・リサイクルです。

まだ、土木資材としての利用が進んでおらず、欧米諸国での活用事例はあるが、日本でのはほぼありません。

材料(タイヤチップス)

タイヤは、天然ゴム・合成ゴム・テキスタイル・ビードワイヤーを主な構成材料としています。

古タイヤゴムチップは、古タイヤを破砕して金属・繊維を除去した後に、篩い機でサイズを分別して作られます。

一般的には平均粒子寸法1〜50mmのものが「ゴムチップ」、それより小さいものを「ゴム粉」、それよりも大きいものを「シュレッド」と呼ばれます。

破砕して作製されるため表面はギザギザや凸凹が多数あり,形状は不定形なも のである.

真比重は1.1程度で、通常の土質材料の比重(2.5~2.8 程度)と比べて半分以下の軽量材料です。

弾性係数はETR=1〜5MPa、ポアソン比はν≒0.5 の等方弾性体で、地盤材料の非排水せん断試験における間隙水圧の変化などに基本的な影響を与えません。

タイヤチップスを混合することで、靭性が増します。


特徴

タイヤチップ軽量土工法は以下の特徴があります。

  • 凍上防止効果
  • 吸着効果
  • 耐久性

凍上防止効果

熱伝導率は砂利や土の1/15〜1/20程度の断熱性を有します。

寒冷地で道路舗装の下層路盤・水路の裏込め材に廃タイヤチップが試験的に利用され、凍上防止効果が確認されています。


吸着効果

ゴム材料である廃タイヤは、有機系の物質を吸収します。

粉砕した廃タイヤを土と混合した鉛直バリア材を構築することによって揮発性有機塩素化合物の漏出が低減されることが示されています。

そのため、廃棄物処理場の排水材・有害物質の吸着材としても用いられます。

耐久性

タイヤゴムは耐油性・耐有機酸性・耐オゾン性・耐紫外線性は低いです。

しかし、耐水性・耐アルカリ性は高いです。

したがって、土木・地盤材料として使用する場合、紫外線や大気に直接暴露されない土中・固化処理土中・水中・海水中などの環境下であれば、耐久性は高いものと考えられています。

注意しなければならないのは、使用されるタイヤは廃タイヤであるため、屋外に長期間放置され紫外線照射や酸化による化学的劣化が生じている場合があります。

タイヤチップはタイヤのゴム部分を数ミリ単位の大きさまで破砕したものであるため、表面の劣化した部分は無視できるほどであるが、注意が必要です。

まとめ

タイヤチップス軽量土工法について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

実際に勉強したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...