土工

ポータブルコーン貫入試験の試験方法と結果について

サウンディングとは、ロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重をかけて、地盤の固さや締まり具合の性状を調査する方法です。

  • 標準貫入試験
  • ポータブルコーン貫入試験
  • スウェ-デン式サウンディング試験
  • ベーン試験

が該当します。

今回は、ポータブルコーン貫入試験について、勉強したことをまとめたいと思います。

ポータブルコーン貫入試験とは?

ポータブルコーン貫入試験(コーンペネトロメータ)は、人力でコーンを貫入し、貫入抵抗を求める静的貫入試験です。

軟弱地盤の土層構成や厚さ (深さ) などを求め、建設機械のトラフィカビリティ (通行性能) や、盛土締め固め管理、戸建住宅地の地耐力の判定に使用されています。

人力で行える範囲に限定されますが、非常に簡単な試験器具で試験できます。地盤工学会の学会基準として、1995年に基準化されました。

ポータブルコーン貫入試験の試験方法について

試験は、貫入体(コーン)を人力によりcm/s程度で静的に貫入する際の抵抗力を、貫入量10cmごとに求める試験です。

  1. 先端コーン(鋼製で先端角30°、底面積6.45cm2)をロッドに緩みがないように接続し、ロッドの上端を測定装置・貫入用ハンドルに固定
  2. ロッドを直立させ、貫入用ハンドルを用いて、貫入速度は1cm/sを標準として連続的に貫入
  3. ロッドにつけた10cm間隔の刻線が地表面に一致した時に貫入を一時中止
  4. 改めて圧力を加えコーンが動き出す瞬間のダイヤルゲージの読み値Dを10cm貫入ごとに荷重計の読み値Dを記録
  5. 最終深さまで測定した後、先端コーン・ロッドを引き上げて取り外し、異常がないか点検
  6. 測定は同一試験地点の附近で二回以上行い、各測定深さ毎の平均値を計算

試験用具

ポータブルコーン貫入試験機には以下の2種類があります。

  • 単管式:コーン貫入抵抗にロッド周面の摩擦を含んで測定するもの。外径16mm,長さ50cmのロッドで10cmごとに目盛線を有するもの
  • 二重管式:コーン貫入抵抗がロッド周面の摩擦を除いて測定できるもの。外管は外径22mm,長さ50cmのロッドで10cmごとに目盛線を有するもの。 先端シュー付きは長さ40cm程度のもの。内管は外径16mm,長さ50cm。

単管式は深くなるにつれてロッドの周面摩擦が大きくなるため、貫入深さは3~5m程度が限界です。

これ以上の深さでは二重管式を用いる必要があります。

参照:株式会社アオイテック

測定装置:貫入力が測定できる荷重計とし,必要な容量と精度を有するもの

貫入用ハンドル:人力によって先端コーンを貫入させるもので,貫入力に十分耐えられるもの


適用範囲

粘性土や腐食土などの軟弱地盤を対象とします。


試験を結果を用いて、土質判定の仕方(コーン貫入抵抗qc)

試験によって、現地の土の強さがわかります。
強さは、「コーン貫入抵抗qc(kN/m2)」として表されます。

コーン貫入抵抗(qc)=1.55(KD+1.28+7.65n)

例、荷重計読み値(D):20、較正係数(K):2.8、単管の場合ロッド本数(N):1

貫入力(KD)=20×2.8=48

コーン貫入抵抗(qc)=1.55{48+1.28+(7.65×1)}≒88

試験を結果を用いて、土質判定の仕方(一軸圧縮強さqu、粘着力 c )

コーン貫入抵抗は、粘性土を対象として室内で行われる一軸圧縮強度試験の結果と相関があります。

一軸圧縮強さqu=0.2×コーン貫入抵抗qc(kN/m2)
粘着力c=0.1×コーン貫入抵抗qc(kN/m2)


まとめ

ポータブルコーン貫入試験について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

サウンディング試験として、

  • 標準貫入試験
  • ポータブルコーン貫入試験
  • スウェ-デン式サウンディング試験
  • ベーン試験

が該当する中で、今回はポータブルコーン貫入試験について紹介しました。

他の試験についてもまとめさせていただいてますので、詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

土質調査におけるサウンディング試験について土質調査におけるサウンディング試験について サウンディングはロッドの先端につけた抵抗体を土中に挿入して、貫入・回転・引抜きなどの荷重を...

また、実際に勉強に使用したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。

良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...

参考文献

地盤調査の方法と解説. 地盤工学会

地質調査要領―効率的な地質調査を実施するために.全国地質調査業協会連合会

ボーリングポケットブック(第5版). 一般社団法人全国地質調査業協会連合会