土工

法面保護工の施工方法について ~植生工・構造物工・法面排水工~

法面保護工は、法面の風化・侵食を防止し、法面の安定を図るための工法です。

大別すると、以下の3つに分けられます。

  • 植生を用いる「植生工」
  • コンクリート等の構造物を用いる「構造物工」
  • 法面の風化・侵食の原因である地表水・浸透水を排除する「法面排水工」

これら法面保護工事について、まとめさせていただきます。

植生工

植生工は、法面に植物を繁茂させ、法面浸食防止・風化抑制を図る工法です。

方法としては以下のものがあります。

  • 種子散布工
  • 客土吹付工
  • 張芝工
  • 植生マット工
  • 筋芝工
  • 植生土のう工

植生工を用いる場合には、事前に調査をする必要があり、「周辺環境・気象・法面の物理性」を確認し、植生工が使用できる施工箇所なのか確認する必要があります。

具体的には、「土壌硬度・土壌酸度・法面勾配」が大きく作用します。

工法にも違いますが、法面勾配が緩やかな場所で、種子が発芽しやすい肥沃地・湿潤地での施工が必須になります。

法面保護工における植生工の方法・特徴について法面保護工は、法面の風化・侵食を防止し、法面の安定を図るための工法です。 法面保護工は、大別すると以下の3つに分けられます。 ...

構造物工

構造物工は、コンクリートや石材を用いて、法面浸食防止・風化抑制を図る工法です。

方法は以下のものがあります。

  • 吹付工(コンクリート吹付工・モルタル吹付)
  • 張工(石張工・ブロック張工・コンクリート張工)
  • 現場打ちコンクリート枠工

亀裂の多い岩の法面風化防止・小規模岩盤の法面剥落防止・崩壊防止のため用いられ、植生工には適さないような過酷な環境で施工されます。

法面保護工における構造物工の方法・特徴について法面保護工は、法面の風化・侵食を防止し、法面の安定を図るための工法です。 法面保護工は、大別すると以下の3つに分けられます。 ...

法面排水工

法面排水工は、法面の崩壊の原因である地表水・浸透水を排除する工法です。

方法は以下のものがあります。

  • 表面排水工
  • 地下排水工

表面排水工は、法面に降った雨を排除し、隣接する集水地・沢に集まる雨水を盛土下を横断して排除する工法です。

地下排水工は、基礎の安定性を図るために、盛土内に浸透してくる水を排除する工法です。

法面保護工における法面排水工の方法・特徴について法面保護工は、法面の風化・侵食を防止し、法面の安定を図るための工法です。 法面保護工は、大別すると以下の3つに分けられます。 ...

まとめ

法面保護工について、実際に勉強したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。

良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...