概論

農業土木とはなにか?

農業土木とはなにか?

農業土木とは、農業に関する土木分野です。土木技術によって、農地の生産性の向上・農家の労働力低減」を図ります。

日本では、水田農業が軸となり社会基盤が形成された背景で、農業と土木が密接になりました。

その中で、農業土木は土・水を農業に利用できるようにする技術から、農民の住環境の整備など、独自の技術として発展しました。

整備内容としては、様々なメニューがあり

  • 圃場整備
  • かんがい排水施設整備
  • 農道整備
  • 農地防災整備
  • 中山間地域総合整備、農村振興総合整備

など幅広い知識が必要になります。

呼称の違い

農業土木とは主に技術を指しますが、似たような言葉がいくつかありますので紹介したいと思います。

農業土木の別称として

  • 土地改良
  • 農業農村整備
  • 農業農村工学

などがあります。

土地改良

農業土木でも、「農用地の改良・開発などの土地条件の改善」、「用排水路の整備などの水理条件の改善」を図るための基盤整備のみを指します。

簡易な土地改良を事業として、行政に代わり行う農業者の公共団体を「土地改良区」と呼び、農業土木に携わる公務員を「土地改良職員」と呼ぶなど、土地改良を称するものがあります。

土地改良によりできた施設を「土地改良施設」と呼びます。土地改良施設とは、農業のための用水施設・排水施設・道路・その他農業をするにあたり有益な施設・農村での生活を快適にする施設のことを指します。


農業農村整備

農業土木≓土地改良のような性格を持ち続けてきましたが、社会の近代化に伴い、農業を基幹的産業として発達していた農村の荒廃が進み、農家が住みにくく、農業に担い手も確保しにくくなりました。

そのため、農業の生産性の向上に加えて、「農村の振興を総合的に図る」必要が生じました。技術・分野・事業として領域を広げていく必要があり、従来の土地改良的農業土木に農村振興を足しこんだ「農業農村整備」という言葉が使われ始めました。

「集落道整備・防火水槽整備など農村地域の整備」、「生き物保全等の自然環境との調和」などの近代化に伴い生じる農村環境の整備が行われています。

農業農村工学

農業土木≒農業農村整備に変化してきた過程から、土木技術だけのハード面の整備から農地の集積・集約化などのソフト面の整備も行われるようになりました。

「土木」という言葉が3k「きつい (Kitsui) 」「汚い (Kitanai) 」「危険 (Kiken) 」を想像させ、土木技術の担い手になることを阻害していると言われ始めました。

学問としても成熟してきたこともあり、農業農村工学と呼ぶようになりました。

現在、農業土木の学会も「農業農村工学会」となりました。

大学などの「農業土木」という学科・学部名称も無くなりつつあり、「生産環境科学」「生物環境工学」「地域環境工学」など名称を変更しています。

農業土木の性格も変わってきたこともありますが、土木分野が学生に人気の無いことなども関係しているおり、色んな分野に隠れながらひっそりと学問が残っております。


まとめ

不勉強ながらまとめさせていただきました。

勉強した本をこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

農業土木の勉強に必要な参考書・問題集などおすすめ本を紹介!農業土木とは、農業に関する土木分野です。 土木技術によって、「農地の生産性の向上・農家の労働力低減」を図り、幅広い知識が必要になり...