土工

軟弱地盤対策工法における抑え盛土工法の方法・特徴について

軟弱地盤対策工法として、

  • 表層処理工法
  • 緩速載荷工法
  • 抑え盛土工法
  • 置換工法
  • 軽量盛土工法
  • 載荷重工法
  • 振動締固め工法
  • サンドコンパクションパイル工法(締固め砂杭工法)
  • バイブロフロテーション工法
  • 固結工法
  • 盛土補強工法
  • 構造物による工法
  • 排水工法

が挙げられます。

今回は、この中でも、抑え盛土工法について、勉強したことをまとめたいと思います。

抑え盛土工法の方法・特徴について

参照:国土交通省 東北地方整備局

押え盛土工法は、盛土荷重により基礎地盤のすべり破壊の危険がある場合に、本体盛土に先行して側方に押え盛土を施工して、すべりに対する安全性を確保する工法です。

すべりに抵抗するモーメントを増加させて、すべり抵抗の付与・せん断変形の抑制が発現されます。

この方法は事前対策として施工される場合もありますが、実際にすべり破壊を生じた河川堤防などの応急対策・復旧対策として用いられることが多いです。

抑え盛土工が用いられる理由

  • 材料を速やかに調達できること
  • 地すべりの滑動状況に応じて速やかに地すべりに対する抵抗力を付加できること
  • 直接的かつ速やかに効果を発現できること

ただし、押え盛土と基礎地盤との関係によっては、すべり抑止機能が得られず、大きなすべり破壊を誘発させる可能性があるため、盛土形状、盛土材料、現場条件等に留意する必要がある。

工法として押え盛土工法、緩斜面工法などが挙げられる。

施工方法

地すべり土塊の滑動を受ける押え盛土の変形過程を考える時、押え盛土全体が押されるというよりはむしろ、押え盛土内部に地すべりのすべり面末端から繋がる新たなすべり面が形成されることが重要です。

  • 移動土塊量に対した有効押え盛土量は約13%
  • 地すべり末端部の幅およそ75%以上
  • 押え盛土天端幅は約5m
  • 押え盛土有効高さは、最大層厚の約6分の1

段階的に施工される押え盛土量と安全率変化の関係はすべり面形状や押え盛土形状等に左右され、盛土量に比例して安全率が上昇するとは限らないことに留意が必要です。


注意点

法面の崩壊、湧水(盛土内・地すべり土塊内の地下水位上昇)、 盛土材の流出などによって、盛土全体の崩壊へつながる可能性があり、良質土で施工するなどの対策が必要です。

また、地すべりの移動速度が大きい場合には、地すべり滑動が低下・停止するまでの間に時間差が生ずる場合があることを考慮する必要があり、土留め柵等を暫定的に押え盛土の法留に利用できます。

まとめ

押え盛土工法について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

実際に勉強したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...