土工

軟弱地盤対策工法における「振動締固め工法」の方法・特徴について

軟弱地盤対策工法として、

  • 表層処理工法
  • 緩速載荷工法
  • 抑え盛土工法
  • 置換工法
  • 軽量盛土工法
  • 載荷重工法
  • 振動締固め工法
  • サンドコンパクションパイル工法
  • バーチカルドレーン工法
  • 固結工法

が挙げられます。

今回は、この中でも、振動締固め工法について、勉強したことをまとめたいと思います。


振動締固め工法の方法・特徴について

振動締固め工法は、棒状の振動機を地盤中で振動させることで地盤を締固める工法です。

振動締固め工法は、以下に大別されます。

  • 「バイブロフローテーション工法」
  • 「ロッドコンパクション工法」

液状化防止・沈下量減少を図るために行われます。

重錘落下締固め工法も振動締固め工法に含まれますが、軟弱地盤対策に含まれないとして省きます。

バイブロフローテーション工法

バイブロフローテーション工法は、ゆるい砂地盤を棒状振動機(バイブロフロット)で振動させながら水を注入して、振動と水締めによって地盤を締固めるとともに間隙に砕石を充填する工法です。

細微粒分の含有量が30%程度までの場合に適応され、ストーンコラム工法とも呼ばれます。

現場で排水の対応が必要です。


ロッドコンパクション工法

ロッドコンパクション工法は、鋼製ロッドをバイブロハンマーで振動させ上下振動を与えるために貫入し、原地盤を直接締固めを行いながらロッド引き抜く工法です。

砂礫地盤で原地盤N値40以下で適応されます。

ロッドの側の砂が早く液状化するという問題点があるため、過剰間隙水圧を抜きながら振動させる工法などが考案されていますが、この工法が選択されることが少ないです。

まとめ

軟弱地盤対策工法における振動締固め工法の方法・特徴について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

実際に勉強したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書・テキスト・過去問・問題集おすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書・テキスト・過去問・問題集おすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...