土工

軟弱地盤対策工法における置換工法の方法・特徴について

軟弱地盤対策工法として、

  • 表層処理工法
  • 緩速載荷工法
  • 抑え盛土工法
  • 置換工法
  • 軽量盛土工法
  • 載荷重工法
  • 振動締固め工法
  • サンドコンパクションパイル工法(締固め砂杭工法)
  • バイブロフロテーション工法
  • 固結工法
  • 盛土補強工法
  • 構造物による工法
  • 排水工法

が挙げられます。

今回はこの中でも、置換工法について、勉強したことをまとめたいと思います。

置換工法の方法・特徴について

置換工法は、軟弱層の一部または全部を良質材などで置換え、すべり抵抗増加・せん断抵抗増加・沈下量減少・液状化防止等を図る工法です。

方法としては、「掘削置換工法」「強制置換工法があります。

施工範囲が広く、軟弱基盤が深い場合は、施工費・残土処分費が増大してしまうため、軟弱地盤が比較的浅い層で局部的に分布している場合に有効です。

注意点

置換工法の効果は、軟弱層が残った場合には著しく低減されるので、確実に軟弱層を除去する必要があります。

そのため、土質調査から軟弱層の下面を判断して軟弱層厚を決定しているが、実際の施工面で確認する必要があります。

掘削置換工法

掘削置換工法は、掘削により軟弱層を除去して置換材料で置き換えるものである。

置換材料には砂や砕石が用いられることが多いですが、残土量が多い場合にはセメント系の固化剤を攪拌混合することもあります。

置換えた地盤を支持地盤とする場合は、置換えた層についても十分に締固めを行い荷重が分散するようにしなければならない。


強制置換工法

強制置換工法は、盛土荷重を利用して押し出すことで置換える工法です。

周辺環境への影響や盛土の品質の面で問題が生じるため、注意が必要です。

方法として、「盛土強制置換工法」「爆破置換工法」があります。

周辺環境への影響や盛土の品質の面で問題が生じるため

盛土強制置換工法は、軟弱地盤上に盛土をして、盛土重量によってすべり破壊を起こさせ、軟弱層を排除する工法です。

爆破置換工法は、盛土をした後に、火薬で基礎地盤を爆破して破壊して、軟弱層を排除する工法です。

まとめ

押え盛土工法について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

実際に勉強したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...