基礎生態学

生態学における「個体群」と「生物群集」の違いについて

生態学を勉強していると、

  • 個体群
  • 生物群集

と同じ「群」の付く言葉が出てきて、どっちがどういう意味だったのかわからなくなってしまいます。

そのため、生態学における「個体群」と「生物群集」の定義を復習の意味をかねてまとめてみました。


個体群

個体群とは、ある一定区域内に生息する同一種個体の集合のことです。

個体群内の個体は、単独または集団で存在して、「競争・共同・利他・中立・排除」などの相互関係にあります。

個体群には、個体数・個体群密度・齢構成・移出入率・性比・出生率・死亡率などの属性を持っていると扱われることがあります。

個体の移動分布が地形などの条件により制限されている場合は個体群として判別しやすいが、それ以外の場合は調査区等を設けて、その内部の個体集団を個体群とします。

生物群集

生物群集は、ある一定区域内に生息して相互作用を及ぼし合う異種個体群の集合のことです。

異なる個体群は、「競争・寄生・捕食被食・共生」などの相互関係にあり、食物連鎖・物質循環・エネルギー循環などにあたります。

生物群集が示す外観的な特徴を「相観」と呼び、生物群集を植物中心にして大きくまとめて分類するときは「群系」と呼ばれます。

例えば、森林・荒野などは相観であり、温帯広葉樹林・ステップなどは群系です。


まとめ

生態学における「個体群」と「生物群集」の違いについて、まとめさせていただきました。

頑張ってまとめてみましたが、完璧に説明できているわけではなく、ブラッシュアップしていきたいと思います。

参考までに、生態学を勉強するときに使用したテキストをまとめてみました。

生態学の勉強におすすめの入門本(初心者~大学卒業レベル) 生態学を勉強する場合、大学に入学する以外で、体系的に勉強するのが非常に難しい学問です。 そのため、本の選び方には注意をしな...