パーマカルチャー

パーマカルチャーの事例〜キーホール菜園(キーホールガーデンガーデン)について〜

パーマカルチャー(Permaculture)とは、永続的な循環型農業で人と自然が豊かになる関係づくりを行うためのデザイン手法です。

ビル・モリソンとデビット・ホームグレンによって提唱され、Permanent Agriculture(永続的農法)、Permanent Culture(永続的暮らし)からきている造語です。

持続可能な開発目標(SDGs)で、持続的な食糧生産について考えなければならないことなどから、循環型有機栽培の一つの手法としても取り上げられるなど、近年注目されている農業手法です。

今回は、パーマカルチャーで用いられる「キーホール菜園(キーホールガーデン)」について、まとめさせていただきます。

キーホール菜園(キーホールガーデン)とは?

キーホール菜園(キーホールガーデン)は、円形の菜園の真ん中に、鍵穴の形をした作業スペースを設けて、円の内側・外側からの手が届きやすい環境が整えられる菜園です。

エッジ効果も期待でき、アフリカのような高温で乾燥した植物が育ちにくい環境で昔から使われていた農法です。

作土を踏みしめる心配もなく、自然に近い状態を維持しやすいです。

設置について

菜園すべてが手入れしやすいことが重要なので、円ではなくてもE・F・M・W字でも可能です。

作業スペースにリビングマルチを行うことで、雑草の繁茂を防ぐなどの工夫も大事です。

作物の植え方では以下の注意が必要です。

  • 隣接した野菜はコンパニオンプランツを取り入れる
  • 背が高くなるものを中心に、背が低くなるものを内側を両側にする
  • 中心部にコンポストを積んでおけば、水やりとともに肥料が庭全体に流れていく仕組み

上げ床にしないこともありますが、上げ床にすることで、手入れの際に屈む必要もなく、体への負担が減ります。

床は、キーホールレイズドベッドと呼び、生ごみの層を含む堆肥で構成され、「枝→乾燥した葉→土」が続き、排水性も確保され、有機的な農業が実践できます。


まとめ

パーマカルチャーで用いられる「キーホール菜園」について、まとめさせていただきました。

パーマカルチャーで使われる実践的な手法は様々ですので、多くの勉強が必要になります。

日本ではNPO法人パーマカルチャーセンター・ジャパン(PCCJ)や各地方の支部が主催でセミナーなどを実施していますので、そのようなところで勉強したいと思います。

また、勉強に使用している本について、おすすめの理由も添えてまとめさせていただいていますので、勉強の一助になればと思います。

パーマカルチャーを家庭菜園で実践するのにおすすめの勉強本3選! パーマカルチャー(Permaculture)とは、永続的な循環型農業で人と自然が豊かになる関係づくりを行うためのデザイン手法です...