パーマカルチャー

パーマカルチャーの事例〜タワー菜園について〜

パーマカルチャー(Permaculture)とは、永続的な循環型農業で人と自然が豊かになる関係づくりを行うためのデザイン手法です。

ビル・モリソンとデビット・ホームグレンによって提唱され、Permanent Agriculture(永続的農法)、Permanent Culture(永続的暮らし)からきている造語です。

持続可能な開発目標(SDGs)で、持続的な食糧生産について考えなければならないことなどから、循環型有機栽培の一つの手法としても取り上げられるなど、近年注目されている農業手法です。

今回は、パーマカルチャーで用いられる「タワー菜園」について、まとめさせていただきます。

タワー菜園とは?

タワー菜園は、菜園を作るほど敷地が広くない場合・土の質がよくない場合でも栽培でき、パーマカルチャーが小規模集約システムにあたります。

家の近くに作ることもでき、手が届くサイズで作業もしやすいです。

真ん中にコンポスト用の穴を開けておくことで、有機的な堆肥の活用が図れます。

設置について

発酵・分解された生ゴミ・野菜クズ・家畜の糞などを土と交互に投入し、「積層マルチ」を作りながら土を盛り上げていくことで、コンポスト投入前からも有機性を保つことができます。

土は栄養豊富ですので、日当たりの良い場所を選んで設置しておけば手間がかかりません。

刈草・米ぬか・段ボール・落葉・砂・粘土なども入れる場合もあります。

高さがあるので、大根などの根菜類も栽培することができます。

まとめ

パーマカルチャーで用いられる「タワー菜園」について、まとめさせていただきました。

パーマカルチャーで使われる実践的な手法は様々ですので、多くの勉強が必要になります。

日本ではNPO法人パーマカルチャーセンター・ジャパン(PCCJ)や各地方の支部が主催でセミナーなどを実施していますので、そのようなところで勉強したいと思います。

勉強に使用している本について、おすすめの理由も添えてまとめさせていただいていますので、勉強の一助になればと思います。

パーマカルチャーを家庭菜園で実践!おすすめの勉強本3選
パーマカルチャーを家庭菜園で実践!おすすめの勉強本3選 パーマカルチャー(Permaculture)とは、永続的な循環型農業で人と自然が豊かになる関係づくりを行うためのデザイン手法です...

また、ガーデニングに関する資格を取得することで、趣味のガーデニングの技術を高めることができます。

おすすめの資格をまとめさせていただきましたので、ご参考までにご覧ください。

通信講座でお庭が変わる! ガーデニング資格おすすめ4選!
通信講座でお庭が変わる!ガーデニング資格おすすめ4選!自宅のお庭で趣味のガーデニングを楽しむ人が多くなっています。 趣味のガーデニングの技術をさらに高めたいと思うと、独学で園芸の勉強を...