アフリカ豚コレラ

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の防疫措置について

豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。

アフリカ豚コレラは、これまで発生が確認されておりません。

しかし、アフリカでは常在的に、ロシア及びその周辺諸国でも発生が確認されており、いつ日本に侵入するかわかりません。

豚コレラ・アフリカ豚コレラの防疫対策は

  1. 異常豚発生の監視
  2. 異常豚発見時の初動対応
  3. 異常豚発見時の臨場検査
  4. 検体の送付
  5. 農場内の疫学情報の収集
  6. 検査判断前準備
  7. 検査判定(陽性判定)
  8. 陽性判定時の防疫措置
  9. 農場周辺の人の通行制限・通行遮断
  10. 農場周辺の豚等の移動制限・搬出制限
  11. 消毒ポイントの設営
  12. ウイルスの感染状況調査
  13. ワクチンの接種(豚コレラの場合)

の流れで実施されます。

今回、⑧陽性発生時の防疫措置についてまとめさせていただきます。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の防疫措置について

患畜・疑似患畜と判定された場合、原則として24時間以内にと殺を完了し、72時間以内に死体の処理を行わなければなりません。

その後、汚染物品の処理を行い、畜舎を消毒して防疫措置が完了します。

これらは行政処分として行われるので、豚等の所有者に対して、補償を行います。

と殺

患畜・疑似患畜は、豚コレラ・アフリカ豚コレラ発生農場内で、原則として24時間以内と殺を完了しなければなりません。

と殺は、作業者の安全を確保することに留意し、以下の方法で迅速に実施します。

  • 薬殺
  • 電殺
  • 炭酸ガス

動物福祉の配慮(鎮静剤・麻酔剤の使用)を可能な限り行います。

と殺に関しての詳細な情報は、別でまとめさせていただきました。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の「と殺」について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

死体の処理

患畜・疑似患畜の死体については、原則として、患畜・疑似患畜と判定した後72時間以内に、発生農場・その周辺において「埋却」します。

埋却による処理が困難な場合には、焼却処理・化製処理を行った上での埋却か焼却による処理を行います。

死体の処理に関しての詳細な情報は、別でまとめさせていただきました。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の「死体の処理」について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

汚染物品の処理

汚染物品は、発生農場等に由来する以下のものが該当します。

  • 精液・受精卵等の生産物
  • 排せつ物
  • 敷料
  • 飼料
  • その他ウイルスにより汚染したおそれのある物品

汚染物品は、原則として、発生農場等・その周辺において埋却します。

埋却による処理が困難な場合には、焼却処理・消毒を行います。

汚染物品の処理に関しての詳細な情報は、別でまとめさせていただきました。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の「汚染物品の処理」について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

畜舎等の消毒

と殺の終了後、患畜・疑似患畜の所在した畜舎等における消毒を、家畜伝染病予防法施行規則に従い、1週間間隔で3回以上実施します。

消毒は炭酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、次亜塩素酸塩、逆性石けん、ヨウ素化合物などを成分とする消毒薬を用いて行います。

と畜場の消毒については、糞尿等が十分に除去されるよう洗浄した上で、1回以上実施します。

畜舎等における殺虫剤の散布(アフリカ豚コレラのみ)

と殺の終了後、消毒に併せて、アフリカ豚コレラウイルスを伝播する可能性がある吸血昆虫(ダニ等)の散逸を防ぐため、畜舎内を中心に殺虫剤を散布します。

殺虫剤の例

  • フェニトロチオン製剤
  • トリクロルホン製剤
  • プロペタンホス製剤
  • カルバリル製剤

豚の評価

豚等の評価額は、患畜・疑似患畜であることが確認される前の状態についてのものとする。

評価額の算出は、原則として、当該豚等の導入価格に、導入日から患畜・疑似患畜であることが確認された日までの期間の生産費(統計データを用いて算出する。)を加算して行い、これに当該豚等の体型、経産の有無、繁殖供用残存期間等を考慮して必要な加算又は減算を行います

豚等の所有者等は、と殺に先立ち、豚等の評価額の算定の参考とするため、と殺の対象となる個体(多頭群飼育されている場合にあっては、群ごとの代表的な個体)ごとに、当該豚等の体型・骨格が分かるように写真を撮影します。

農林水産省は、都道府県において豚等の評価額の算定を速やかに実施することが困難と認められるときは、関係省庁と協議の上、直ちに概算払を行います。

豚の評価に関しての詳細な情報は、別でまとめさせていただきました。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の豚の評価について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

まとめ

実際に豚コレラ・アフリカ豚コレラ発生した場合、どのような防疫措置が行われるのか、まとめさせていただきました。

全体の防疫対策についてはこちらでまとめましたので、ご一読いただければ幸いです。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の防疫対策について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

参考文献等

  • 「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」
  • 「アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」