アフリカ豚コレラ

豚コレラ・アフリカ豚コレラウイルスの感染状況調査について

豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。

アフリカ豚コレラは、これまで発生が確認されておりません。

しかし、アフリカでは常在的に、ロシア及びその周辺諸国でも発生が確認されており、いつ日本に侵入するかわかりません。

豚コレラ・アフリカ豚コレラの防疫対策は

  1. 異常豚発生の監視
  2. 異常豚発見時の初動対応
  3. 異常豚発見時の臨場検査
  4. 検体の送付
  5. 農場内の疫学情報の収集
  6. 検査判断前準備
  7. 検査判定(陽性判定)
  8. 陽性判定時の防疫措置
  9. 農場周辺の人の通行制限・通行遮断
  10. 農場周辺の豚等の移動制限・搬出制限
  11. 消毒ポイントの設営
  12. ウイルスの感染状況調査
  13. ワクチンの接種(豚コレラの場合)

の流れで実施されます。

今回、12.ウイルスの感染状況調査についてまとめさせていただきます。

豚コレラ・アフリカ豚コレラの感染経路の特定について

ウイルスの感染経路の特定するために、

  • 疫学調査
  • 発生状況確認調査
  • 清浄性確認検査
  • 野生動物における感染確認検査

が行われます。

疫学調査の実施

都道府県は、患畜・疑似患畜であると連絡を受けた後、疫学情報を収集し、ウイルスに汚染したおそれのある豚等に関する調査を実施します。

病性等判定日から一定期間(豚コレラ:過去28日間、アフリカ豚コレラ:過去22日間)遡った期間を対象とします。

本病の感染経路をあらゆる面から検証するため、関係者からの聴き取り調査等を実施し、以下の疫学情報の収集を行う。

調査対象

  • 発生農場
  • 発生農場と疫学関連のある豚等の飼養農場及び畜産関係施設(家畜市場、と畜場、飼料・敷料工場、飼料・敷料販売先、農協等)

調査事項

  • 農場の周辺環境(森、畑、住居、道路からの距離など)
  • 気温、湿度、天候、風量・風向など
  • 家畜運搬車両、飼料運搬車両、死亡畜回収車両、堆肥運搬車両、機器搬入などの車両や精液及び受精卵等の運搬物資の動き
  • 農場主、農場従業員、獣医師、家畜人工授精師、飼料販売業者、敷料販売者、資材販売者、薬品業者、畜産関係者(農協職員等)、郵便局員、宅配業者、家族、知人等の動き(海外渡航歴、野生動物等との接触
    の有無を含む。)
  • 放牧の有無(有の場合は、その期間及び場所)
  • 野生いのししの分布、侵入及び接触機会の有無
  • 畜舎及び付帯施設の構造、野生動物の侵入対策など
  • 農作業用機械の共有の有無

疫学調査で陽性の場合

調査の結果、以下の豚等であることが明らかとなったものは、疫学関連家畜として移動を禁止し、臨床症状の観察を行います。

患畜・疑似患畜との接触後21日を経過した後に血清抗体検査(エライザ法)を行います。

対象豚等

  • 病性等判定日から遡って一定期間(豚コレラ:11~28日間、アフリカ豚コレラ:11~22日間)以内に患畜・疑似患畜と接触した豚等
  • 病性等判定日から遡って一定期間(豚コレラ:28日間、アフリカ豚コレラ:22日間)以内に発生農場に出入りした人・物又・車両が7日以内に出入りした他の農場等で飼養されている豚等
  • 疑似患畜が飼養されていた農場で飼養されている豚等

疫学関連家畜を飼養する農場において、血清抗体検査で陰性が確認されるまで、以下のものの移動を制限します。

  • 生きた豚等、死んだ豚等
  • 採取された精液、受精卵(病性等判定日から一定期間(豚コレラ:21日、アフリカ豚コレラ:15日)より前に採材され、区分管理されていたものを除く。)
  • 排泄物
  • 敷料
  • 飼料
  • 家畜飼育器具

発生状況確認検査

都道府県は、豚コレラの発生が確認された場合には、原則として24時間以内に、移動制限区域内の農場に立ち入り、

  • 臨床検査
  • 血液検査
  • 抗原検査
  • 血清抗体検査

により検査を実施します。

清浄性確認検査

移動制限区域内における清浄性を確認するため、当該移動制限区域内の全ての発生農場の防疫措置の完了後17日が経過した後に、

  • 臨床検査
  • 血液検査
  • 抗原検査
  • 血清抗体検査

により検査を実施します。


野生動物における感染確認検査

都道府県は、以下により、野生動物における感染確認検査を行います。

  • 移動制限区域内において、野生いのししの死体・猟友会等が捕獲した野生いのししについて、抗原検査・血清抗体検査を実施するための検体を採材し、検査します。
  • 陽性が確認された場合には、「野生動物を確保した地点の消毒、通行の制限・遮断」「半径10km圏内の豚等の所有者に対する注意喚起、飼養している豚等の異状の有無の確認」を行います。

まとめ

簡単ではありますが、豚コレラ・アフリカ豚コレラの発生後、どのように感染状況調査が実施されるかまとめさせていただきました。

全体の防疫措置についてはこちらでまとめましたので、ご一読いただければ幸いです。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の防疫対策について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

参考文献等

  • 「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」
  • 「アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」