アフリカ豚コレラ

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の豚の評価について

豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。

アフリカ豚コレラは、これまで発生が確認されておりません。

しかし、アフリカでは常在的に、ロシア及びその周辺諸国でも発生が確認されており、いつ日本に侵入するかわかりません。

豚コレラ・アフリカ豚コレラの防疫対策は

  1. 異常豚発生の監視
  2. 異常豚発見時の初動対応
  3. 異常豚発見時の臨場検査
  4. 検体の送付
  5. 農場内の疫学情報の収集
  6. 検査判断前準備
  7. 検査判定(陽性判定)
  8. 陽性判定時の防疫措置
  9. 農場周辺の人の通行制限・通行遮断
  10. 農場周辺の豚等の移動制限・搬出制限
  11. 消毒ポイントの設営
  12. ウイルスの感染状況調査
  13. ワクチンの接種(豚コレラの場合)

の流れで実施されます。

⑧陽性発生時の防疫措置について豚の補償を国がするため、豚の評価が必要です。

今回、豚の評価についてまとめさせていただきます。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の豚の評価について

豚等の評価額は、患畜・疑似患畜であることが確認される前の状態についてのものとする。

評価額の算出は、原則として、当該豚等の導入価格に、導入日から患畜・疑似患畜であることが確認された日までの期間の生産費(統計データを用いて算出する。)を加算して行い、これに当該豚等の体型、経産の有無、繁殖供用残存期間等を考慮して必要な加算又は減算を行います。

豚等の所有者等は、と殺に先立ち、豚等の評価額の算定の参考とするため、と殺の対象となる個体(多頭群飼育されている場合にあっては、群ごとの代表的な個体)ごとに、当該豚等の体型・骨格が分かるように写真を撮影します。

農林水産省は、都道府県において豚等の評価額の算定を速やかに実施することが困難と認められるときは、関係省庁と協議の上、直ちに概算払を行います。

肥育豚の場合

出典:「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」

評価額の基本的な算定方法は、以下になります。

素畜の導入価格+ 肥育経費(1日当たりの生産費×飼養日数)

導入価格

導入価格は、素畜の導入に要した費用とし、購入伝票等により確認します。

素畜を自家生産している場合・導入価格を確認することができない場合には、産み落とし価格を用いることとする。

産み落とし価格、「全算入生産費×0.09」と算定します。


1日当たりの生産費

1日当たりの生産費は、前期1日当たり生産費(生まれた日から70日齢まで)と後期1日当たり生産費(71日齢から出荷されるまで)の2種類あります。

前期1日当たり生産費=「(全算入生産費ー産み落とし価格)÷肥育期間(平均販売月齢)×0.5」

後期1日当たり生産費=「(全算入生産費ー産み落とし価格)÷肥育期間(平均販売月齢)×1.3」

飼育日数

飼養日数は、素畜を導入する場合には導入した日から、繁殖・肥育一貫経営等の場合には素畜が生まれた日から患畜・疑似患畜と判定された日までの日数とします。


繁殖雌豚(未経産)の場合

評価額の基本的な算定方法は、以下になります。

素畜の導入価格+ 育成経費(1日当たりの生産費×飼養日数)+ 受胎加算金


導入価格

導入価格は、素畜の導入に要した費用とし、家畜市場の購入伝票等により確認します。

導入価格を確認することができない場合・素畜を自家生産している場合には、当該家畜の所有者が通常利用している家畜市場における当該素畜と同等の豚の直近1年間の平均取引価格とします。

1日当たりの生産費

1日当たりの生産費は、生産費調査における肥育豚の1日当たりの生産費を利用します。

飼育日数

飼養日数は、素畜を導入した日から患畜又は疑似患畜と判定された日までの日数とします。

受胎加算金

受胎している場合には、受胎分として母豚価値の2割相当を加算します。

ただし、獣医師による妊娠鑑定等により受胎が確認できる場合に限ります。

繁殖雌豚(経産)の場合

評価額の基本的な算定方法は、以下になります。

初産時基準価格×評価指数/100 + 受胎加算金

初産時基準価格

初産時基準価格の基本的な算定方法は、以下になります。

素畜の導入価格+平均初産月齢までの育成経費(1日当たりの生産費×飼養日数)

評価指数

評価指数は、初産時の評価を100とした際の経年による価値の減少分を指数化したものであり、各都道府県の家畜共済金支払制度を活用し算定します。

1日当たりの生産費

1日当たりの生産費は、生産費調査における肥育豚の1日当たりの生産費を利用します。

受胎加算金

受胎している場合には、受胎分として母豚価値の2割相当を加算します。

ただし、獣医師による妊娠鑑定等により受胎が確認できる場合に限ります。


まとめ

簡単ではありますが、実際に豚コレラ・アフリカ豚コレラ発生した場合、どのようにして豚の評価が行われるのか、まとめさせていただきました。

全体の防疫措置についてはこちらでまとめましたので、ご一読いただければ幸いです。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の防疫措置について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

参考文献等

  • 「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」
  • 「アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」