アフリカ豚コレラ

豚コレラ・アフリカ豚コレラの異常豚発見時の初動対応について

豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。

アフリカ豚コレラは、これまで発生が確認されておりません。

しかし、アフリカでは常在的に、ロシア及びその周辺諸国でも発生が確認されており、いつ日本に侵入するかわかりません。

豚コレラ・アフリカ豚コレラの防疫対策は

  1. 異常豚発生の監視
  2. 異常豚発見時の初動対応
  3. 異常豚発見時の臨場検査
  4. 検体の送付
  5. 農場内の疫学情報の収集
  6. 検査判断前準備
  7. 検査判定(陽性判定)
  8. 陽性判定時の防疫措置
  9. 農場周辺の人の通行制限・通行遮断
  10. 農場周辺の豚等の移動制限・搬出制限
  11. 消毒ポイントの設営
  12. ウイルスの感染状況調査
  13. ワクチンの接種(豚コレラの場合)

の流れで実施されます。

今回、②異常豚発見時の初動対応についてまとめさせていただきます。

豚コレラ・アフリカ豚コレラの異常豚発見時の初動対応について

出典:朝日新聞

異常豚が通常以上の頻度で発見されたと届出を受けた場合、都道府県は直ちに家畜防疫員を現地に派遣します。

農場から以下のものの移動を制限します。

  • 生きた豚等、死んだ豚等
  • 採取された精液、受精卵
  • 排泄物
  • 敷料
  • 飼料
  • 家畜飼育器具

また、農場への関係者以外の立ち入りを制限し、出入口で衣類・飼養器具を消毒します。

豚等の所有者からの届出による発見があった場合の初動対応

豚等の所有者からの届出による発見があった場合は、以下の対応を実施します。

  • 豚を含むすべての動物・物資を農場外へ移動禁止
  • 適切な消毒がされるまで農業外への排水を流出禁止
  • 農場への出入り口を1つに限定し、関係者以外立入禁止
  • 異常豚の排泄物・飼料を他の豚と接触禁止

獣医師からの届出による発見時の初動対応

獣医師からの届出による発見があった場合は、以下の対応を実施します。

  • 家畜防疫員の到着まで待機し、ウイルス拡散防止を指導
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、担当獣医師は飼養施設に立入禁止
  • 陽性判定された場合、異常豚を診察した日から担当獣医師は7日間は飼養施設に立入禁止

家畜市場からの届出による発見時の初動対応

家畜市場からの届出による発見があった場合、以下の対応を実施します。

  • 家畜市場から豚等を移動禁止
  • 畜産関係車両の入場禁止・出場する車両の消毒
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、車両は飼養施設に立入禁止
  • 市場入場者(異常豚が発見されたときに家畜市場に入場していた者)が場外に移動する際には、身体・車両の消毒
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、市場入場者は飼養施設に立入禁止
  • 陽性判定された場合、入場した日から7日間は飼養施設に立入禁止
  • 異常豚の所有者・出荷に使用した車両や運転手を特定し、消毒
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、飼養施設に立入禁止

と畜場から届出による発見時の初動対応

と畜場からの届出による発見があった場合、以下の対応を実施します。

  • 異常豚と同一農場から出荷された豚等のと畜中止
  • 畜産関係車両の入場させず、出場する車両の消毒
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、車両は飼養施設に立入禁止
  • と畜場入場者(異常豚が発見されたときにと畜場に入場していた者)が場外に移動する際には、身体・車両の消毒
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、と畜場入場者は飼養施設に立入禁止
  • 陽性判定された場合、入場した日から7日間はと畜場入場者の飼養施設立入禁止
  • 異常豚の所有者・出荷に使用した車両や運転手を特定し、消毒
  • 異常豚が患畜と疑似患畜でないと判定されるまで、飼養施設に立入禁止

まとめ

簡単ではありますが、実際に豚コレラ・アフリカ豚コレラ発生した場合、どのような初動対応がされるのでしょうか、まとめさせていただきました。

全体の防疫措置についてはこちらでまとめましたので、ご一読いただければ幸いです。

豚コレラ・アフリカ豚コレラが発生した場合の防疫対策について豚コレラは、平成30年9月9日に26年ぶりとなる豚コレラの発生が確認され、野生のイノシシ・養豚農場の豚での感染が拡大しています。 ...

参考文献等

  • 「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」
  • 「アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」