基礎生態学

生態学における「ティンハーゲンの4つのなぞ」ついて

生態学では動物の行動について、オランダの動物行動学者ニコラース・ティンバーゲンティンハーゲンの4つのなぞ」(4つの問い・ 4つの質問)の考え方が大事になります。

ティンハーゲンは、1973年にコンラート・ローレンツ、カール・フォン・フリッシュと共にノーベル医学生理学賞を受賞しています。

今回は、「ティンハーゲンの4つのなぞ」についてまとめさせていただきます。


ティンハーゲンの4つのなぞとは?

プロセスメカニズム
至近要因発達要因
その行動がどのような過程で発達したのか
機構要因
その行動が引き起こしている直接の要因は何か

究極要因

系統進化要因
その行動が進化の道筋でどう現れてきたか
機能要因
その行動が生殖・生存にどう機能しているか

ティンハーゲンは、動物の行動・性質は様々な次元から説明が可能であり、

  • それらの説明は同時に成り立つこと
  • どれか一つでも欠ければ完全な説明にはならないこと

を示します。

発達要因では発生学の視点から、行動は遺伝と環境の相互作用の産物であり、臨界期のように遺伝子は環境の影響を受けるタイミングを決定していると考えます。

機構要因では生理学の視点から、行動は神経・脳・ホルモンなどが作用することで、個々の行動が発現されています。

系統進化要因では、行動は個体は過去の様々な世代の特徴を引き継がれることで発現されていると考えます。

機能要因では、行動は生存・繁殖が適応度にどのような影響を与えているかで考えます。

まとめ

生態学における「ティンハーゲンの4つのなぞ」ついて、まとめさせていただきました。

頑張ってまとめてみましたが、完璧に説明できているわけではなく、ブラッシュアップしていきたいと思います。

参考までに、生態学を勉強するときに使用したテキストをまとめてみました。

生態学の勉強におすすめの入門本(初心者~大学卒業レベル) 生態学を勉強する場合、大学に入学する以外で、体系的に勉強するのが非常に難しい学問です。 そのため、本の選び方には注意をしな...