コンクリート

コンクリート構成材料における「練混ぜ水」について

コンクリートとは、構成材料の「セメント・水・骨材・混和材料」を一体化したものです。

コンクリートの性能に合わせて、材料の種類・材料の配分が決まります。

今回、この構成材料の「練混ぜ水」について学んだことをまとめます。


練混ぜ水とは?

コンクリートの練混ぜ水は、水和反応・混和剤の効果発現などを起こすために必要不可欠な構成材料です。

練り混ぜ水は、油・酸・塩類・有機物などコンクリート・鋼材に影響を及ぼすものを有害量含んではいけません。

化学反応を引き起こすために用いられるので、どんな水でも良いわけではなく、JISで以下のように規定されています。

  • 上水道水
  • 上水道水以外の水
  • 回収水

コンクリート工場では、「上水道以外の水・回収水」を使用する場合には、年1回以上の品質確認が義務付けられています。

上水道水

上水道水の水は、人が飲めるように整備されているため、コンクリートの練混ぜ水として活用することができます。

練混ぜ水の大半はこの上水道水が使われています。


上水道水以外の水

上下水道以外の水として、河川水・地下水・工業用水などの水が該当します。

山間地などで上水道が整備されていない場所での工事施工において、これらの水が使用されることがあります。

どんな水でも使っていいというわけではなく、JISの品質規定を満たしているか検査が必要になります。

  • 懸濁物質の量:2g/L以下
  • 溶解性蒸発残留物の量:1g/L以下
  • 塩化物イオン量:200ppm以下
  • セメントの凝結時間の差:始発30分以内・終結60分以内
  • モルタルの圧縮強さの比:材齢7日・材齢28日で90%以上

JISには規定されていませんが、pHは7.0付近であるとコンクリートの耐久性に問題を起こすことが少なくなります。

海水を使うこともできますが、無筋コンクリートだけです。

回収水

回収水とは、生コン工場で洗浄によって発生する排水から処理してできる「スラッジ水」・「上澄水」のことです

スラッジ水はスラッジ固形分を含む水で、上澄水はセメントから溶出する水酸化カルシウム等を含むアルカリ性の高い水です。

高強度コンクリートの場合には、回収水は使用されません。

回収水も、JISの品質規定を満たしているか検査が必要になり、懸濁物質の量・溶解性蒸発残留物の量を除く3項目が検査対象です。

  • 塩化物イオン量:200ppm以下
  • セメントの凝結時間の差:始発30分以内・終結60分以内
  • モルタルの圧縮強さの比:材齢7日・材齢28日で90%以上

また、回収水の品質以外にも注意しなくてはいけない点があります。

  • スラッジ固形分率1%につき単位水量・単位セメント量をそれぞれ1〜1.5%増
  • 細骨材率はスラッジ固形分1%につき約0.5%減とする
  • スラッジ固形分率は3%を超えてはいけない。

まとめ

コンクリート材料に材料に使用する練混ぜ水について、不勉強ながらまとめさせていただきました。

紹介させて頂いた知識は土木施工管理技士の試験にも出てくるほど重要な知識です。

土木施工管理技士になるには? 〜資格紹介〜土木施工管理技士は、土木工事における施工知識、施工計画・工程管理・品質管理・安全管理など管理方法に関する知識、 関係法令に関する知識を有...

参考までに、勉強に使用した書籍をまとめさせていただきます。

1級土木施工管理技士の参考書・テキスト・過去問・問題集おすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書・テキスト・過去問・問題集おすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...