設計

水田圃場内の「末端用水路・小用水路」に関する設計について

水田圃場内の「末端用水路・小用水路」に関する設計について

田んぼに水を張るために、「幹線用水路→支線用水路→末端用水路」の順を経て用水が供給されます。

それぞれの水路規模に最適化された設計・施工が必要です。

今回は水田圃場内の「末端用水路・小用水路」に関する設計についてまとめます。

末端用水路・小用水路とは

農区・圃区・耕区

末端用水路(小用水路)は、支線用水路から耕区まで用水を導くための水路です。

水路断面が比較的小さいことから、コンクリート二次製品の水路が用いられるのが一般的です。

水田の全体の区画については別でまとめていますので、そちらをご参照ください。

末端用水路・小用水路の設計は、以下の順に検討する必要があります。

【末端用水路・小用水路の設計手順】

  1. 断面設計
  2. 配置設計

①末端用水路・小用水路の断面設計

末端用水路・小用水路

末端用水路(小用水路)の断面は、ピーク用水時点の最大通水量を配水できる断面が必要です。

ピーク用水は、代かき期・乾田直播初期かん水時・湛水直播芽干し時・中干し直後に置きやすいので、それらの時期に「減水深調査」を実施しましょう。

ピーク用水時は1日24時間かんがいが原則だが、需要が短時間に集中する場合は短期かんがいでの算定が必要です。

また上流での取水停止が下流に影響するため、末端水路1本の断面は同一断面にしなければなりません。

水路内で用水が波打つなど、計画高水位以上の水位になったとしても安全に水を流すために「余裕高」を設ける場合もあります。

圃場内で水路が溢れても大丈夫だと判断する場合は、経済合理性を優先し、余裕高を設けない場合もあるので、地域の事情に応じて対応しましょう。

余裕高については、別でまとめていますのでそちらをご参照ください。

②末端用水路・小用水路の配置設計

末端用水路・小用水路

末端用水路(小用水路)を設置する際には、長さ・高さについて検討が必要です。

末端用水路の長さは農区の大きさに帰属しますが、配水する耕区が多く広大になるとムラが大きくなるので、末端水路1本の長さが大きくなることは防がなくてはなりません。

そのため支線用水路を300~600mごとに配置し、末端水路1本の長さを小さくします

末端用水路の高さ(用水路底高)は、田面より高すぎると農業機械のほ場内進入に支障をきたし、田面より低すぎると耕区への取水が困難になります。

そのため末端用水路底高は田面に対して-5~+10cmの位置への設置が必要です。

まとめ

田んぼ ほ区

水田圃場内の「末端用水路・小用水路」に関する設計についてまとめました。

水田を造設すること、農業土木について詳しく学べる本について別でまとめてますので、興味があれば参照ください。