茶の栽培方法

茶の摘採方法について

茶は新芽の生育途中に摘採を行う作物で、摘採する方法により収量と品質が変化します。

収量と品質は反比例し、目的とする収量と品質のバランスを考慮し、摘採する方法を調整する必要があります。

茶の摘採方法(摘採方法・位置・時期)について

茶の芽を摘む方法として、

  • 手摘み
  • はさみ摘み
  • 機械摘み

に分かれます。

機械により摘採されるのが一般的です。

しかし、機械摘採の困難な急傾斜茶園の場合、玉露などの一番茶初期のきわめて高級な摘採の場合など、手摘みで行わなければならないことがあります。

手摘み

人が新芽を確認しながら手で摘採します。

  1. 新芽の付け根にある小さい葉(霜かぶり)を残し、折るようにして摘む。(新芽の茎をやさしくつまんで引っ張ると、自然にプチッと離れるポイント)
  2. 古葉が茶摘み籠に入ったとき取り除く。
  3. 茶籠に入った茶の葉を、押さえつけなず、長い時間放置しない。

摘採取効率は悪くなりますが、古葉や木茎の混入はほとんど無く、品質の良い茶が製造できます。

おいしい部分だけを集めることができるので、極上のお茶づくりに向いています。

玉露や上級煎茶などの高級なお茶を作るのに、手摘みが行われることがあります。

最上級品は、新芽に匂いがつくのも嫌いますので、ハンドソープ・日焼け止めは禁止です。

手摘みの方法には地域により様々あり、「折り摘み」・「かき摘み」・「こき摘み」のほか豊富な手摘みの方法があります。

いずれの手摘みも摘み残しが発生した場合、摘み残し芽が次の発芽を遅らせ蕾がついてしまうため、番刈りなどを行う必要があります。

折り摘み

片手で株面・枝を抑えて揺れを防ぎ、親指と人差し指の間に一芽ずつ柔らかい部分をつまんで折り取る方法です。

基部に損傷を与えないように行うため、茶芽・茶樹ともに健全な状態になり、品質が良くなります。

最高級茶は折り摘み法により手摘みされます。

しかし、作業効率は悪く、1日1人当たり10kgほどしか摘採できないと言われております。

かき摘み

手指の使い方は折り摘みとほぼ同じであるが、新芽を上方に引っ張るようにして摘採する方法です。

やや新芽が硬化した場合の摘採に適しておりますが、茶樹を傷めやすいです。

折り摘みよりは若干作業効率は上がりますが、1日1人当たり15~20kgほどしか摘採できないと言われております。

こき摘み

親指と人差し指との間に茶芽の下部をはさむようにして、しごき上げて摘み取る方法です。

はさみ摘みよりは古葉・古茎が入らないため品質向上になりますが、茶芽・茶樹を傷める度合は同じです。

手摘みの中でも摘み方が荒いですが、一人当たりの摘採量は多くなりますが、1日1人当たり50kgになります。


はさみ摘み

茶刈りばさみ、茶ばさみなどと呼ばれる茶葉収穫用の大きなはさみで葉を刈り取ります。

形は、植木屋さんが使う剪定ばさみに、ペリカンのくちばしにあるような袋を付けたものです。はさみで刈った芽が袋に入るように作られています。

袋の付いた茶摘みはさみが明治末期に考案され、手摘みに比べて摘採効率を大きく改善しました。摘採量1日1人当たり100~150kgになります。

しかし、手摘みに比べて品質が低下します。そのため、品質向上を図るために摘採方法が考えられ、二度摘み方法・二段摘み方法があります。

二度摘み方法

1回目の摘採を早め(出開度30~40%)に摘採し、摘み残したものを10日後に2回目の摘採を行います。

1回目は良質な緑茶、2回目は良質な番茶が摘採できため、収量も増加する。

二段摘み方法

1回目の摘採は出開度60~70%の頃に、芽の中間を摘採します。

2回目の摘採は1回目と同時期に、摘み残し部分を摘採します。

二度摘みに比べて、出開度が遅いので、良質なものが摘採できる。

はさみ摘みの注意点

  1. はさみの切れ味によって、品質が大きく変わりますので、良質な鋏を使い、手入れを丁寧に行わなければなりません。
  2. 毎年はさみ摘みを行うと、枝が極小となり密集になり、葉が小型になるので、5年に一度深刈による更新が必要になります。
  3. 刃先をやや上向きにはさみを使います。

機械摘み

機械摘みには、以下の摘採方法があります。

  • レール式
  • 乗用型
  • 可搬型
  • 自走型

手摘みに比べて、摘採能率は飛躍的に向上しています。

摘採機を使うときは、畝に伸びた新芽と刃の高さに注意し、畝に平行に進みます。

刃が浮き気味になると刈り方が浅くなり新芽の先の方だけを刈ってしまい、深くなると古葉や太い茎も混ざってしまいます。

摘採刃はシリンダー刃型・往復動刃型・回転刃型に分かれ、動力源はエンジン式・電動式に分かれます。

乗用型摘採機

「茶 乗用型摘採機」の画像検索結果

水田で稲を刈るコンバインのように、人が乗って操作をする摘採機です。

刃の高さをセンサーやコンピュータで自動調整するものもあり、最も効率よく摘採できます。

広大な平坦値や緩傾斜地などに導入されています。

問題点としては、茶園の傾斜、畝長、樹形等を整備する必要があり、小規模茶園には適していません。

レール式摘採機

f0018786_23145480.jpg

引用:拝啓かあさん茶屋日記

畝間にレールを敷設して、そのレール上を走行する台車に摘採機をつけて摘採します。

作業が行いやすく労力的にも好都合で、平坦地や五度以下の傾斜地に導入されています。

畝間のレールが管理の邪魔になるため、乗用型摘採機に乗り換えられています。

可搬式摘採機

二人の摘採者が畝の両側でエンジンの乗った本機のハンドルを持ち、0.5m/sくらいの速度で歩きながら茶株の片側半面づつを摘採します。

摘採された茶芽は、送風装置が送り羽根によって袋に送ります。

摘採効率は手摘みよりも良いが、刃は80~100cmであり、重さも約20kgほどあり、作業強度はかなり強く、長時間作業できません。

袋持ちを加えて三人作業すると、作業しやすいです。

自走式摘採機

「茶 自走式摘採機」の画像検索結果

動力で自走する台車の上に摘採機をつけ、一人が畝の片側に入って運行操作し、他の片側は車輪と支柱で摘採機を与えるもので、作業は一人で出来るものです。


まとめ

茶の摘採方法についてまとめました。

茶の摘採時期・摘採適期については下記についてまとめました。

茶の摘採時期・摘採適期について一番茶の摘採時期は、茶産地の多くは4月下旬から5月に最盛期となります。立春(2月4日)から数えて88日目、「八十八夜」に摘採を行います。摘採適期は、出開度・硬化度・新芽開葉数で判別します。...

また、日本茶について勉強した際に読んだ本を紹介させていただきます。勉強の一助になればと思います。

日本茶の資格・検定の勉強が手軽にできるおすすめ本3選+α 日本茶の資格として、「日本茶検定」・「日本茶アドバイザー・日本茶インストラクター・日本茶マスター」・「日本茶スペシャリスト」・「...

参考文献