調理法

農家おすすめ!かぼちゃの栄養を逃さない効果的な料理方法

農家おすすめ!かぼちゃの栄養を逃さない効果的な料理方法

食材の栄養素は料理の仕方次第で大きく変化します。

栄養を大きく損なう調理をしてしまうと、食材の栄養素を活かすことができません。

逆に、ちょっとした工夫・要点を知るだけで、効率的に栄養を活かすことができます。

今回は、「かぼちゃ」の栄養素を活かすための調理方法をまとめさせていただきます。

かぼちゃの主な栄養

【カボチャの注目成分】

  • βカロテン:730μg
  • ビタミンC:16mg
  • ビタミンE:5.1mg
  • 葉酸:80μg
  • カリウム:400mg
  • カルシウム:20mg
  • 食物繊維:2.8g

【カボチャ 可食部100gあたり成分 七訂日本食品標準成分表より】

かぼちゃは、抗酸化作用があるβ-カロテンが豊富に含まれています。

また、カリウム・食物繊維を豊富に含み、バランスの取れた野菜です。

世界中でさまざまな品種が栽培されており、日本では一般的に多く流通しているのは「黒皮栗かぼちゃ」という西洋かぼちゃです。

pumpkin(パンプキン)はハロウィーンで使われる外側の皮がオレンジ色のものだけを指し、日本で一般的に食べられている外が緑色のカボチャなど果皮がオレンジでないものはsquash(スクウォッシュ)といわれます。


かぼちゃの栄養に適した料理テクニック

上記の栄養を活かすために以下の料理方法をおすすめします。

あくまでも、栄養を活かすためであって、美味しさを追求する場合の料理方法とは異なることをご承知ください。

  1. 種も食べる
  2. 皮も食べる
  3. 油と一緒に食べる

①種も食べる

かぼちゃの種は、ビタミンE・亜鉛・マグネシウムが豊富に含まれており、「南瓜子・南瓜仁」として生薬で使われます。

オメガ6系脂肪酸であるリノール酸をとることもでき、免疫力を高めたり、コレステロール値を下げる働きがあります。

そのため、カボチャの種を捨てることなく食べることをお勧めします。

日本で食べられるカボチャの種は殻が硬いので、表面の皮を剥く必要があります。

生では剥きずらいので、一般的に乾燥させた後ローストしてから剥きます。


②皮も食べる

かぼちゃの皮には、果肉部分以上にβ-カロテン・食物繊維が含まれています。

栄養を無駄なく使いたい場合は、皮も食べるべきです。

かぼちゃの皮は固いので、しっかりと火を通せば柔らかく食べられます。

③油と一緒に食べる

βカロテン・ビタミンEは脂溶性ですので、油と一緒に料理することで効率よく吸収することが出来ます。

サラダで食べる場合は、ノンオイルよりも油が入ったドレッシング・マヨネーズが好ましいです。

また、加熱調理するときも、油を使って短時間でサッと加熱できる天ぷらで栄養がしっかりとれます。

まとめ

今回、かぼちゃの栄養を効果的に摂取する料理方法についてまとめさせていただきました。

栄養を生かす調理の方法に併せて、品質の良い食材を手に入れることも重要です。

残念なことに品質の良い食材を買ってみようと思っても、近所のスーパーの品揃えがない・価格高いなどの問題にあたってしまいます。

そこで、旬で良質な野菜を手軽に安く手に入れる方法として、『野菜の宅配定期便』を紹介させて頂いておりますので、ぜひご覧ください。

農家による経験・知恵によるところもありますが、栄養をしっかり摂るためには正しい情報・データも必要なため、書籍・論文などの文献で勉強しました。

栄養について勉強をした際に使用した書籍をまとめましたので、興味がありましたらご参照ください。

「農産物の栄養」を勉強した際に 使用した本・書籍の紹介!
「農産物の栄養」を勉強した際に使用した本・書籍の紹介!農家として農産物を提供するためには、農産物に対する多くの知識が求められます。 その中で、「農産物の栄養」について知っておく必要があ...