生物多様性評価

植生調査の方法・考察について ~ブラウン・ブランケ法~

評価地域の植物群落を構成する種・群落構成を植物社会学的に調査し、評価地域の総合的解析のためにリスト化します。

繁殖の程度、群落の構造などを記録します。

植物調査法には、「優先種手法・植物社会学的手法」の2つの方法があります。

優先種的手法

北欧学派による主に森林植生に適した優占種によって群落を区分する方法です。

樹林と林床の優占種を組み合わせた名称を用いります。(例:トドマツーオシダ群落)

視覚的に理解がしやすく、群落リストから選定するため、調査が簡易的に行えます。

このやり方は、優占種がはっきりしている北方森林植生では便利であるが、優占群落が連続的に変化する草原・湿地などでは不向きです。

植物社会学的手法

チューリッヒ・モンペリエー(ZM)学派による群落を構成する全ての種リスト・種類組成によって群落を分類する方法です。

群落名については、優先種区分のような優占種とは限らず、標徴種といわれる群落を特徴づける植物種が用いられます。

他に優占種が存在しても、トドマツが1本あってもトドマツ群落に成り得ます。

種類組成で群落を分類するため、湿原・草原など全ての群落を対象とすることができるます。

しかし、植物社会学的では、場所ごとにそれぞれ別個に優占群落を構成しようが、種類組成の類似性・標徴種から同類にまとめて扱われたりします。

優占種的手法よりも高度な技術が必要になりますが、「ブラウン・ブランケ法」が用いられ、広く使用されています。


ブラウン・ブランケ法

植物社会学的手法による植生調査では、その量的尺度である被度と群度を目測で行うことに特徴がある。

目測で確認し紙と筆記用具だけあれば実施できるため、現場での植生調査のスピード化を図り、多数の調査データを得ることで全体像を把握することを目指したのである。

基本的作業は統計処理と同じだが、微徴種の適出となると全員が同じ結果になるとはいえない。

経験により精度にバラつきがあり、客観性・定量性・再現性に欠けます。

大量のデータを一覧にし、素表、常在度表、区分表、組成表へと段階を踏んで整理しなくてなりません。

調査区の選定


参照:NPO法人富士山の森を守るホシガラスの会・活動記録

一般的にコドラート法で行われます。コドラートとは方形枠のことです。

その地域の植生の特徴が最もよく出ていると思われる場所を選び、そこに正方形の枠を設置し、その内側を標本として調査を行います。

枠の長さは、群落を構成する種類が全部入ってしまうのが一番良く、面積を変えながら種数を数え、種数面積曲線を作り、その曲線が飽和に達した面積になるように組むのが良いが実用的ではありません。

一般的に日本の森林で実施する場合の枠の長さは、「20~25m」または「群落の高さを枠の長さ」としています。

状況に応じて枠の形は変わることもあり、またロープを張らずに目測で実施する場合があるが、傾斜地など不可能な場合を除き、ロープを正方形の枠を組むほうが計測しやすい。


階層構造

「植生 階層構造」の画像検索結果
参照:鹿児島

群落の階層構造は、日本の森林では以下のような区別にします。

  • I層(高木層)
  • II層(亜高木層)
  • III層(低木層)
  • IV層(草本層)
  • V層(コケ層)

それぞれの層について、植物の種・優占種・植被率を調べます。

  • 二次林の場合:高木・低木・草本の3層
  • 草原の場合:草本第1層・草本第2層
  • 熱帯林雨林・針葉樹林の場合:超高木層第1層・第2層、低木層第1層・第2層

種構成

階層構造が決まれば、各層を構成する種をそれぞれ記録します。

各植物がどの層に属するかは、それぞれの個体の一番高いところに達している位置で判断します。

例えば、高木の芽が生えていた場合は草本層に含まれる。

通常の調査の対象は、森林の構造を作る主体である維管束植物(シダ植物・種子植物)に限られ、コケ植物は調査の対象としません。


被度・群度

種構成では単なる種名リストであり、量的関係・繁殖の様子が分かりません。

そのためにブラウン・ブランケの方法では「被度・群度」の二つの基準でこれらはいずれも5段階の階級で表示する。

被度は、種別の植被率を階級で示したもので、コドラート内においてその植物がその層でどれだけの面積を占めているかを示します。

「被度 植生」の画像検索結果
参照:有限会社植生技術

  • 5:75-100%
  • 4:50-75%
  • 3:25-50%
  • 2:5-25%
  • 1:5%以下で個体数が極めて多い
  • +:1%以下ほどの個体数が極めて少ない
  • :極めてまれに最小頻度

「被度 植生」の画像検索結果
参照:有限会社植生技術

群度は、群落をつくっているか、あるいは単独で存在するかを示します。

  • 5:カーペット状で調査区全域を覆う
  • 4:大きな斑紋状・切れ切れのカーペット状
  • 3:小群の斑紋状
  • 2:小群
  • 1:単生

各階層別・種別に、被度・群度を記載します。例えば、被度6で群度7の場合、6・7と表記します。

群落組成表作成

「組成表 植生」の画像検索結果
参照:矢部村の植物

各階層別・種別に、被度・群度を記載したものに、

  • 調査場所
  • 調査年月日
  • 高度
  • 方位
  • 傾斜
  • 地形・土壌条件
  • 調査者・記録者

を記載します。

組成表作業は以下の順を追って整理を進めることになります。

  1. 素表
  2. 常在度表
  3. 部分表
  4. 区分表
  5. 群落組成表

植生断面図

「植生断面図」の画像検索結果
参照:島根県HP

植生調査と立地条件との関係を具体的に表現する手段として、植生断面の図化は重要です。

地形に対応した群落構造とその配分を概観できます。

まとめ

植生調査の方法・考察についてまとめさせていただきました。

生態学を勉強するときに、使用したテキストをまとめてみましたので、勉強の一助になればと思います。

生態学の勉強におすすめの入門本(初心者~大学卒業レベル) 生態学を勉強する場合、大学に入学する以外で、体系的に勉強するのが非常に難しい学問です。 そのため、本の選び方には注意をしな...