山でのフィールドワーク時に気をつけるべき「浸水足・塹壕足」について

山でのフィールドワーク時に気をつけるべき 「浸水足・塹壕足」について

研究のための重要なデータを収集するために、現地調査(フィールドワーク)をする必要があります。

研究対象地によっては、致命的な危険と隣り合わせな場所で調査を行います。

調査者(フィールドワーカー)は、研究者・科学者・探検家・冒険家・登山家・写真家などの経験・知識を学んで、しっかり事前準備をすることで危険を避けなければなりません。

今回は、山でのフィールドワーク時に気をつけるべき「浸水足・塹壕足」についてまとめてみます。

浸水足・塹壕足とは

登山中の靴

浸水足・塹壕足は、湿った冷たい靴下やブーツを何日も履いていることによって起こる寒冷障害です。

第一次世界大戦で冬季に塹壕戦を戦った兵士たちが悩まされた症状なので、塹壕足とも呼ばれます。

軽症な場合は、足が青白くなり、皮膚が温度変化・わずかな接触に過敏になります。

重症な場合は、靴擦れ・水膨れが生じ、壊死・破風症などの感染症を引き越してしまいます。

小川を渡ったり、靴内の蒸れの放置などでこの疾患を生じます。

浸水足・塹壕足の予防

登山中の靴

浸水足・塹壕足は、16℃以下の環境に少なくとも13時間以上の寒冷に晒されることが主要因です。

非衛生的・湿潤状態も原因になることもあります。

そうした環境に晒されることで毛細血管の機能低下と壊死が起こります。

浸水足・塹壕足にならないようにするには、足を清潔・保温・乾燥した状態に保つことで防げます。

そのための予防方法を以下にまとめます。

【予防方法】

  • 足の状態を定期的に点検すること
  • 外気・日光に足を晒す
  • 靴は登山靴などの防水性・通気性の良いもの
  • 砂・石を温めて、靴の中に入れて乾燥させる
  • 靴下は通気性の良いもの、濡れても良いように替えを用意
  • ワセリン・ベビーオイルを塗る

まとめ

登山中の靴

今回は、山でのフィールドワーク時に気をつけるべき「浸水足・塹壕足」についてまとめました。

十分な準備をしてフィールドワークへ挑み、良い研究に繋げていきたいと思います。

危険に遭遇しないのが1番ですが、危険対処に重要になるサバイバルキットについてもまとめましたので御覧ください。

また、事前準備として必要な知識の習得に用いた書籍をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

フィールドワークに出発する前に 読んでおくべき本3選を紹介!
フィールドワークに出発する前に読んでおくべき本3選を紹介!フィールドワークに出発する前に読んでおくべき本を3つ厳選して紹介します。①世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 ②地図の読み方③登山の医学バンドブック...