準備

フイールドワークに持っていくべき「サバイバル・キット」について

研究のための重要なデータを収集するために、現地調査(フィールドワーク)をする必要があります。

研究対象地によっては、致命的な危険と隣り合わせな場所で調査を行います。

ですが、「僅かな知恵と事前準備」で危険を避けることができます。

調査者(フィールドワーカー)には、研究者・科学者・探検家・冒険家・登山家・写真家などの経験・知識を学ばなくてはいけません。

今回は、フィールドワークに持っていくべき「サバイバル・キット」について学んだことをまとめてみます。


フィールドワークに持っていくサバイバル・キットの内容

研究内容によって異なりますが、フィールドワークでは研究資材・行動食が運搬物のメインです。

研究がメインですから、緊急時に必要な資材を万全な状態で挑むのは不可能に近いです。

そのため、フィールドワークに持っていくサバイバル・キットは、「コンパクト・複数利用用途」が条件として求められます。

【フィールドワークに持っていくサバイバルキット】

  1. 救急医療キット
  2. 携帯浄水器
  3. サバイバルブランケット
  4. ファイヤースターター
  5. アナログな地図・コンパス

①救急医療キット

【最低限の救急医療キットの内容】

  • 絆創膏
  • 包帯・ガーゼ・針・糸
  • ポイズンリムーバー
  • 消毒剤
  • 石鹸

応急処置・心肺蘇生法などを事前に医療機関で学んでおくことが前提条件になるが、救急医療キッドは必須です。

行動に支障が傷病には注意をしなければなりません。

捻挫・骨折は痛みにより気付きやすいが、足のマメなど細かな体の変化に気張らないと難しいです。

通常のファストエイドキットにはありませんが、ハチ・ヘビによる毒はとても危険ですので、ポイズンリムーバーも携帯することをお勧めします。


②携帯浄水器

人の生存の目安 “rule of threes”(3の法則)と呼ばれ、水なしでは3日間で生命に危険があります。

外部環境によっては異なりますが、1日2.5Lの水分が排出され、内訳は以下の通りです。(厚生労働省)

  • 尿:1500ml
  • 便:100ml
  • 呼気:300ml
  • 汗:600ml

体内水分量が5%失われると脱水症状、10%失われると筋肉の痙攣・循環不全、20%失われると死亡します。

3〜7日分の水を携帯することは難しいので、水を現地で確保する必要がありますが、飲用に値する清潔な水を確保することができません。

そこで、水を浄化する携帯浄水器が必要になります。

最もおすすめな携帯浄水器は、SAWYER PRODUCTS ミニ浄水器」です。

ストロータイプながらフィルター交換せずに約38万リットル使用可能で、付属パウチやペットボトルなどにセットすることで、水を携行することもできます。

コンパクトな浄水器なら、運搬容量を圧迫することなく持ち運ぶことができ、致命的な場面で十分な役割を果たしてくれます。

③サバイバルブランケット

サバイバルブランケットは、ポリエチレン素材に高純度のアルミ蒸着加工を施したもので、体が放射する熱の90%を保持してくれます。

「エマージェンシーシート」「ヒートシート」となどの名称でも売られています。

多機能で以下の機能があります。

  • 寒さや悪天候から守るシェルター
  • 目立つ色で自分の位置を知らせるためのシグナル
  • 雪・氷を溶かして飲水作り

ポケットティッシュほどの大きさに折り畳めるので、運搬容量を圧迫することなく持ち運ぶことができます。

木・岩などに引っ掛けることで、簡易シェルターの屋根としても使用することができます。


④ファイヤースターター

火はサバイバルでは重要で、多くの効果を得ることができます。

  • 暖をとることができて体温保持
  • 明かりと煙によるシグナル
  • 害獣・害虫対策
  • 煮沸して飲料確保・器具消毒

火・火花を木切れ・枯葉・乾いた草などで火種にして、持続時間が短いが燃焼が早く温度が高い「軟木」を燃やし、持続性のある「堅木」に火を点けます。

火つけにはマッチ・ライターが簡単なのですが、雨・湿気に弱い、落下などの衝撃に弱いなどの欠点があります

そこで、燃料を用いることなく、環境に左右されずに着火できるファイヤースターターが必要になります。

ファイヤースターターには主に、フェロセリウム製とマグネシウム合金製があり、フェロセリウムの発火点は約150~180℃で、マグネシウムの約473℃に対して非常に低く容易に発火するため、フェロセリウム製がおすすめです。

横1列に並んだ3本の狼煙は遭難を意味するので、捜索救助隊が気づく可能性も高くなるので、3つの固まりで火をつけましょう。

⑤アナログな地図・コンパス

遭難時には、無駄に動かず救助を待つのは1番懸命な行動です。

しかし、「水がない・シェルターを作ることができない」ような過酷な環境では、移動しなくては助かりません。

そこで必要となるのは、地図・コンパスによるナビゲーション能力です。

現代は携帯などで簡単に位置情報が見れて簡単に経路確認ができますが、緊急時において破損・充電切れ・水ぬれなどで使用不可能になってしまうことを想定しなければなりません。

フィールドワークに入る前に、その土地の1/25000地形図を取得して、防水ケースに入れるなど水濡れに備える必要があります。

コンパスは、デジタルコンパス・マップ用コンパスなどがありますが、目標物を合わせて進む方向を正確に示す「レンザティック式」がおすすめです。

勉強しなくては簡単に使えるものではありませんが、緊急時に大いに役立つと思います。


まとめ

今回は、フィールドワークに持っていくべき「サバイバル・キット」について学んだことをまとめてみます。

十分な準備をしてフィールドワークへ挑み、良い研究に繋げていきたいと思います。

事前準備として必要な知識の習得に用いた書籍をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

フィールドワークに出発する前に読んでおくべき本3選を紹介!研究のための重要なデータを収集するために、現地調査(フィールドワーク)をする必要があります。 研究対象地によっては、致命的な危険と...