計画

日本の水資源の利用状況について 〜農業用水・生活用水・工業用水〜

農業土木に従事する者として、農業生産全体の状況について理解する必要があります。

それは、どのような過去があったから現在の農業があり、今後どのような未来を見据えているのかが分かると、計画・設計・施工に反映することができるからです。

今回は、水資源の利用状況についてまとめてみます。

※データにおいては令和3年現在に獲得できるもので構成されています。


水資源の現況について

引用:国土交通省HP

日本の水収支は、年間の降水量約6500億m3のうち、約35%に当たる約2300億m3は蒸発散しており、残りの4200億m3が最大限利用することができる理論上の量(水資源賦存量)といいます。

私たちはこの限られた水源を農業用水・生活用水・工業用水として利用しています。

2018年における取水量の全国の水使用量は791億m3になり、内訳は以下の通りです。

  • 農業用水:約535億m3(約68%)
  • 生活用水:約150億m3(約19%)
  • 工業用水:約106億m3(約13%)

この約791億m3の水の取水元として、約703億m3(約89%)は「河川及び湖沼」から、約88億m3 (約11%)は「地下水」から取水されています。

農業用水

引用:国土交通省HP

農業用水は、水稲等の生育等に必要な「水田灌漑用水」、野菜・果樹等の生育等に必要な「畑地灌漑用水」、牛・豚・鶏等の家畜飼養等に必要な「畜産用水」に分かれます。

農業用水量は、実際の使用量の計測が難しいため、 耕地の整備状況・かんがい面積・単位用水量(減水深)・家畜飼養頭羽数などから国土交通省水資源部で推計した値で、養魚用水や消・流雪用水等は含んでいません。

農業用水約535億m3の内訳は以下の通りです。

  • 水田灌漑:502億m³(94%)
  • 畑地灌漑:29億m³(5%)
  • 畜産用水:4億m³(1%)

水田面積が右肩下がりで減っていますが、末端水利系統を満足させるだけの必要水量が求められるため、水田灌漑が大きく減少することには結びつきません。

畑地灌漑の整備も推進されているため、畑地灌漑の需要は増加傾向です。

水田面積・畑地灌漑の整備状況について、下記でまとめていますのでご覧ください。

日本における農地の利用状況・農業生産基盤の整備状況について農業土木に従事する者として、農業生産全体の状況について理解する必要があります。 それは、どのような過去があったから現在の農業があり、今...

引用:国土交通省 農業用水の取水・利用の特徴 

農業用水の94%が水田灌漑であるため、農業用水の需要は灌漑期である夏季の4ヶ月の間に集中しています。

近年では耕作者の経営規模の拡大に伴う農作業の長期化・コメの作付品種の多様化により、夏季集中が少しずつ緩和され始めています。


生活用水

引用:国土交通省水管理・国土保全局水資源部

生活用水量は、取水量ベースで約150億m³/年、有効水量ベースで約132億m³/年となっている。

生活用水は、調理・洗濯・風呂・掃除・水洗トイレ等の家庭で使用され「家庭用水」、オフィス・飲食店・ホテル等で使用され「都市活動用水」から成ります。

家庭用水は、東京都水道局が2015年に実施した調査を例に見てみると、

  • 風呂:約40%
  • トイレ:約21%
  • 炊事:約18%
  • 洗濯:約15%
  • 洗面・その他:約6%

となり、洗浄を目的とするものが大部分を占めています。

生活用水の使用推移は、1998年頃のピークにかけて増加しましたが、人口減少・節水の技術進歩により徐々に減少しています。

工業用水

引用:国土交通省HP

工業用水は、ボイラー用水・原料用水・製品処理用水・洗浄用水・冷却用水・温調用水等に使用されている水です。

工業用水使用量は、新たに河川等から取水する「淡水補給量」と一度使用した水を回収して再利用する「回収水」からなります。

工業用水使用量約433億m³/年のうち、回収水は約337億m³/年・淡水補給量96億m³/年で、回収率77.9%となっています。

工業用水使用量は2010年の555億m³/年をピークに減少傾向で、補給量は1973年をピークに徐々に減少しています。

補給水ベースの水源別構成比率は、

  • 工業用水道:38.5%
  • 地下水:27.5%
  • 河川水:25.6%
  • 上水道:7.2%
  • その他:1.2%

となっています。

引用:国土交通省

淡水使用量の業種別のシェアをみると、化学工業、鉄鋼業及びパルプ・紙・紙加工品製 造業の3業種が全体の約70%を占めています。

引用:国土交通省

業種ごとに回収率に差が大きく、冷却等に使用される化学・鉄鋼業は80〜90%ほどの高い回収率になっているが、パルプ・紙・紙加工品製造業は45%程度と低迷している。


まとめ

水資源の利用状況についてまとめてみました。

勉強に使用した本をこちらでまとめさせていただいております。

農業土木の勉強におすすめな参考書・問題集を紹介!農業土木とは、農業に関する土木分野です。 土木技術によって、「農地の生産性の向上・農家の労働力低減」を図り、幅広い知識が必要になり...

農業土木の知識をより深く学びたい場合は、以下の資格を取得することで身につけることができますので、紹介させていただきます。

農業土木・農業農村工学の専門性を高められる資格について農業土木・農業農村工学という分野は、土地改良・農村基盤整備・生物環境工学など、求められる知識が多岐にわたっています。 そのため、様...