試験概要

土木施工管理技士・土木施工管理技術検定試験 とは? ~資格内容・試験内容~

土木施工管理技士・土木施工管理技術検定試験 とは?

土木施工管理技士とは、建設業法第27条に基づき、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験である。

土木施工管理技術検定を合格することにより得られる資格で、2級技術検定試験と1級技術検定試験があり、これらに合格すると2級土木施工管理技士や1級土木施工管理技士を名乗ることができます。

土木工事に従事する施工監理技術者の向上、技術水準の確保を図ることを目的としています。

この資格でなにができるの?

「特定建設業」及び「一般建設業」の許可を受けてた建設業者は、建設業法により営業所ごとに「専任の技術者」を配置することが義務付けられています。

建設業の許可を受けている場合は営業所ごとに必ず専任の技術者を設置する必要があるため、施工管理技士等の有資格者が不在となれば建設業許可を維持できなくなります。

2級土木施工管理技士の資格であれば、建設業法で定められた一般建設業の許可を受ける建設業者の営業所に必要な「営業所ごとに配置する専任の技術者=専任技術者」及び「建設工事における主任技術者」として認められます。

1級土木施工管理技士の場合は資格を取得すると、特定建設業の「専任技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。

監理技術者

元請の特定建設業者が、総額4,000万円以上(建築一式の場合6,000万円以上)の下請契約を行った場合は設置する必要があります。

特定建設業の許可を受けた元請の業者が配置する義務があり、それ以外の業者は主任技術者の設置が必要です。

主任技術者

元請・下請に関わらず監理技術者が必要な工事以外は全ての工事で配置する必要があります。

1級
2級
工事の種類
土木
鋼構造物塗装
薬液注入
土木(一式)工事
とび・土工・コンクリート
石工事
鋼構造物工事
舗装工事
しゅんせつ工事
塗装工事
水道施設工事
解体工事

◎ 特定建設業の営業所の専任技術者(又は監理技術者)となり得る国家資格
○ 一般建設業の営業所の専任技術者(又は主任技術者)となり得る国家資格

参照:建設管理センターHP

 

土木施工管理技士を受験する条件とは?

土木施工管理技士の資格を取るには、実務経験が必要となります。実務経験年数とは、土木工事現場において、工事の施工管理業務に従事した経験年数をいいます。

土木施工管理技術検定の受験資格における実務経験とは、種別ごとに下記の工事を行っている場合を指します。

土木の実務経験として認められる工事
  • 河川工事
  • 道路工事
  • 海岸工事
  • 砂防工事
  • ダム工事
  • 港湾工事
  • 鉄道工事
  • 空港工事
  • 発電・送変電工事
  • 上水道工事
  • 下水道工事
  • 土地造成工事
  • 農業土木工事
  • 森林土木工事
  • 公園工事
  • 地下構造物工事
  • 橋梁工事
  • トンネル工事
  • 解体工事

学歴と卒業した指定学科によって、必要な実務経験の年数に違いがあります。受験資格における指定学科とは、次の学科をいいます。

  • 土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地または造園に関する学科を含む)
  • 都市工学
  • 衛生工学
  • 交通工学
  • 建築学

年齢制限については、学科試験のみ受験する場合は、17歳以上であればどなたでも受験が可能です(平成28年4月1日より)。

必要な年数は下表になります。

1級

区分学歴と資格実務経験年数
指定学科指定学科以外
(1)大学・高度専門士卒業後3年以上卒業後4年6ヶ月以上
(2)短期大学・専門士・5年制高等学校卒業後5年以上卒業後7年6ヶ月以上
(3)高等学校・専門学校卒業後10年以上卒業後11年6ヶ月以上
(4)その他15年以上
(5)2級合格者合格後5年以上
(6)2級合格後5年未満で右の学歴の者短期大学・5年制高等専門学校卒業後9年以上
高等学校卒業後9年以上卒業後10年6ヶ月以上
その他14年以上

2級

区分学歴と資格実務経験年数
指定学科指定学科以外
(1)大学・高度専門士卒業後1年以上卒業後1年6ヶ月以上
(2)短期大学・専門士・5年制高等学校卒業後2年以上卒業後3年以上
(3)高等学校・専門学校卒業後3年以上卒業後4年6ヶ月以上
(4)その他8年以上

 

1級試験内容とは?

1級土木施工管理技術検定では、学科試験・実技試験を行います。

1級は、河川・道路・橋梁・港湾・鉄道・上下水道などの土木工事で監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行うための知識が問われます。


学科試験

学科試験は、4肢択一のマークシート方式96問出題され、65問を解答します。

分野出題数必要解答数
土木一般11問9問
専門土木20問6問
法規11問6問
共通工学4問4問
施工管理法15問15問

実地試験

実地試験は、11問出題され、7問を解答します。

実地試験は、自由記述式の筆記試験です。学科のマークシートと異なり、解答を書く必要があります。「実地」とあるので、実技試験があると勘違いされる場合がありますが、全て机上で行います。

出題形式分野出題区分出題数必要回答数
必須問題施工経験記述安全管理1
選択問題土木構造物と盛土との接続部分での段差13
コンクリート現場内運搬1
品質管理盛土の締固め管理1
安全管理車両系建設機械による労働者の災害防止1
施工管理施工計画の立案1
選択問題土木軟弱地盤対策13
コンクリート暑中コンクリート1
品質管理鉄筋コンクリート構造物1
安全管理墜落による危険防止1
建設廃棄物排出事業者が作業所内において実施すべき対策1

 


2級試験とは?

2級土木施工管理技術検定でも、学科試験・実技試験を行います。

2級は、土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行うための知識が問われます。

今回土木の種別のみを紹介します。


学科試験(土木)

学科試験は、4肢択一のマークシート方式61問出題され、40問を解答します。

分野出題数必要解答数
土木一般11問9問
専門土木20問6問
法規11問6問
共通工学4問4問
施工管理法15問15問

実地試験(土木)

実地試験は、「経験記述」が1問、「記述式問題」が8問の合わせて9問出題され、7問を解答します。

実地試験は、自由記述式の筆記試験です。学科のマークシートと異なり、解答を書く必要があります。「実地」とあるので、実技試験があると勘違いされる場合がありますが、全て机上で行います。

分野出題数必要解答数
必須問題施工経験記述1問1問
土工2問2問
コンクリート2問2問
選択問題施工管理法2問1問
選択問題施工管理法2問1問

合格ライン・合格率はいくつか?

合格ラインは1・2級共通で、学科60%以上、実地60%以上です。

1級の合格率は、学科試験の合格率50~60%、実地試験の合格率30~50%です。

2級の合格率は、学科試験の合格率50~60%、実地試験の合格率30~40%です。

学科試験はマーク式なので比較的合格率は高いですが、実地試験は記述式なので難易度は高めになっております。

もしも、実地試験だけ不合格になったとしても、次回は実地試験だけ受験するだけで良い制度なので、前向きに挑戦していくべきです。


試験対策・勉強方法は?

土木施工管理技士の市販の参考書がありますので、独学で受験できます。

実務経験が必要になるので、土木施工管理技術検定の勉強内容が職場で頻繁に出てきます。

しかし、職場でだけは網羅することはできませんので、参考書等で勉強することをお勧めします。

過去問も市販で購入できますし、ネットに落ちていることもありますので探してみましょう。

2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...

問題は、記述式です。

自分でいくらちゃんと書けていると思っておいても、第三者目線がないといけません。職場に有資格者がいるん場合に添削をお願いできれば良いですが、難しい場合もあります。

安いわけではありませんが、通信教材または資格学校などを利用する手もあります。

まとめ

土木施工管理技士について紹介させていただきました。

全国建設研修センターのHPに申し込み・受験の手引き等ありますので、確認して頂きまして、受験に挑んでいただければと思います。

実際に使用したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。
良ければ参考までにご覧ください。

1級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介1級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。 帰宅後の僅かな時間で学習することになりま...
2級土木施工管理技士の参考書、テキスト、過去問、問題集のおすすめ紹介2級土木施工管理技士を目指される場合、仕事をしながら独学で勉強し受験することになります。帰宅後の僅かな時間で学習することになりますので、...