農泊

農泊旅行で田舎体験なら「STAY JAPAN」がおすすめ

農泊旅行で田舎体験なら「STAY JAPAN」がおすすめ

子どもに農業や漁業など田舎体験をさせたい方 、人里を離れて大自然で思いっきり癒されたい方、日本の故郷や原風景に触れてみたい方、移住先を検討している方の旅行先として、「農泊」が流行りつつあります。

「農泊」とは、 農山漁村地域に宿泊し、滞在中に豊かな地域資源を活用した食事や体験等を楽しむ「農山漁村滞在型旅行」 のことです。引用:農水省HP

グリーンツーリズムとも表現されることがあり、農水省が推進しているところです。

しかし、農泊を検討していても、普通の旅行とはちょっと違うので不安が多く、実際に農泊をしてみるまで踏み込みづらいところがあります。

そこで、農泊を興味がある・検討している方に、農泊予約サイト「STAY JAPAN」がおすすめです。

おすすめの理由も紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

また、「のうぎょうどぼく」限定の3%オフになるクーポンコード「TIGDLornpQ」を発行しておりますので、ぜひご活用ください・

STAY JAPANとは


 STAY JAPAN」は、株式会社百戦錬磨が運営する民泊・農泊予約サイトです。

地域の自然や暮らし、伝統・文化に根差した持続可能な観光(サステナブルツーリズム)による地域振興を目指し、「知らない日本に、泊まってみよう。」をコンセプトに、 普通の宿泊予約サイトにはない、ユニークな宿ばかりを取り扱っております。

宿泊・体験・食事の3つの要素を、農村地域の関係者によって提供されます。

そのため、農泊にも多くの種類があります。

  • 農業体験・漁業体験・林業体験
  • お寺で修行体験ができる寺泊
  • 城などの歴史的な文化施設や旧校舎での宿泊

他のサイトよりも優れていると思うポイントを3つ挙げさせていただきます。

 「STAY JAPAN」のおすすめポイント

  • おすすめポイント①:情報量の多さ
  • おすすめポイント②:安心安全さ
  • おすすめポイント③:特集の豊富さ

おすすめポイント①:情報量の多さ

STAY JAPAN 内容

引用:STAY JAPAN

農泊の場合、どんな宿泊体験・田舎体験ができるか、予約の時点で詳細にしたいと思います。

農泊サイトの多くが、現地で判断になり、内容が不鮮明なことが多くあります。

STAY JAPANでは、多くの写真が掲載されており、宿泊先の設備・アメニティ情報や田舎体験の実施状況などが記載されています。

写真が豊富で掲載されているので安心して予約することができます。

また、「体験種別」に田舎体験の内容が必ず記載されています。

「世界農業遺産認定の地で農業体験/2食付き – 農家民宿 中島」の場合、以下のことが記載されています。

■体験種別:田舎体験 / 野菜の収穫体験
ご希望の方は旬のお野菜収穫の農業体験も実施可能です。地域の方と一緒に交流できる農家民宿ですので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。農作業道具は無料で貸し出しします。長靴もご用意しておりますが、お子様の分はお持ちください。
【主な収穫体験】
山菜・たけのこ掘り(4~5月)
じゃがいも、たまねぎ、にんにく(5月)
なす、ピーマン、ししとう(7~9月)
すだち(8月末~9月中旬)
ゆず(10~11月)
栗拾い(10月頃)

引用:STAY JAPAN

また、農泊体験者の方が希望すれば、別途お金はかかりますがオプション等で体験を増やすことができます。

「世界農業遺産認定の地で農業体験/2食付き – 農家民宿 中島」の場合、以下のことが記載されています。

オプション(税・手数料別)

朝活に!! 手作り豆腐体験(豆乳試飲付き)早朝の作業場で横倉豆腐の手作り体験ができます。体験後は作業場でそのまま朝食を食べ、できたての豆乳を試飲できます。土曜・日曜の朝6時から限定の体験です。・朝食は豆腐作り体験後の作業場でいただきます。

¥1,000/1人1回

引用:STAY JAPAN

おすすめポイント②:安心安全さ

STAY JAPAN 許可番号

引用:STAY JAPAN

農泊は、農家民宿・農家民泊の2つを含みます。

民宿の場合、「旅館業法」に基づく許可を取得しなければ営業できません。

民泊の場合、2018年に民泊新法が制定され、「民泊新法」・「旅館業法」かのいずれかの法律に基づく届出や許可が必要です。

そのため、民泊で2018年以前から民泊を実施しており、届出・許可を取得していない「ヤミ民泊」が問題になっています。

このイメージもあるため、民泊を利用することに対して抵抗を持っている方が多いのではないでしょうか。

STAY JAPAN」は、農林漁村余暇法に基づく「農林漁業体験民宿」の登録実施機関であり、国や自治体の許認可を得た宿のみを扱うなど、安心安全に農泊を利用することができます。

アクセスのタブに、旅館業許可番号がしっかり記載されています。

また、口コミの欄もあり、今までの利用者の感想が記載されており、参考にすることができます。

おすすめポイント③:特集の豊富さ

「STAY JAPAN」 特集

STAY JAPAN」独自で、多くの宿特集が掲載されています。

特集を頼りに農泊先を選定できるので、農泊初心者には大変助かります。

「おすすめの農泊体験特集」では、田舎体験が豊富な農泊先がまとめられています。

「農泊×棚田」など、場所・環境を絞った特集も多くあります。

また、季節によって、「夏におすすな宿特集」「自由研究ができる宿特集」などの特集が掲載されます。

どんな農泊先があるのか、特集を通して見えてくるものもあるので、とても参考になります。

まとめ


 農泊の予約サイト「STAY JAPAN」のおすすめポイントを挙げさせていただきました。

 「STAY JAPAN」のおすすめポイント

  • おすすめポイント①:情報量の多さ
  • おすすめポイント②:安心安全さ
  • おすすめポイント③:特集の豊富さ

農泊に興味がある方・検討されている方はぜひ「STAY JAPAN」をお使いください。

お使いになる際には、「のうぎょうどぼく」限定の3%オフになるクーポンコード「TIGDLornpQ」を発行しておりますので、ぜひご活用ください。

STAY JAPANで農泊予約はこちら