食育 PR

食育の仕事に活かせる!難易度別おすすめ資格3選

食育の仕事に活かせる!難易度別おすすめ資格3選
記事内に商品プロモーションを含みます。

食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てることです(引用:農林水産省「食育の推進」)。

「体力・気力などの健康増進」「生活のベースとなる知識取得」「社会性の獲得」などの面から、食育の重要性が取り上げられています。

食育の分野で仕事をするには専門的な知識・技術が必須で、食育に関連する資格が大きな助けとなります。

スクール・通信講座などを活用すれば、働きながら資格取得することも簡単です。

この記事では、食育の分野で役立つ食に関する資格を難易度別に3つ紹介しますので、自分に合った資格を見つけて活用してみてください。

【食育の仕事に活かせる!難易度別おすすめ資格3選】

①難易度低:食生活アドバイザー®

食生活アドバイザー

食生活アドバイザー®は、一般社団法人 FLAネットワーク協会が主催する「食生活アドバイザー検定試験」を合格することで得られる民間資格です。

2級・3級の階級があり、栄養学・食文化以外にも食品学・衛生管理など食生活全般に通ずる幅広い知識が求められます。

合格率は2級は約40%・3級は約65%と一般的な資格試験の難易度で、独学・通信講座で対応可能です。

チャレンジユーキャンなどで定期的に取り上げられてきたので知名度は高い方です。

ただ、〇〇アドバイザー・〇〇インストラクター・〇〇スペシャリストなど似たような民間資格に混同されやすく、権威性が少し弱くなってしまいます。

興味がありましたら、どんな試験対策が必要になるか資料請求してお確かめください。

②難易度中:野菜ソムリエ

一般社団法人日本野菜ソムリエ協会

野菜ソムリエ資格は、日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格で、「野菜・果物の知識を持ち、その魅力や感動を周囲に伝えられる人」に与えられる資格です

野菜・果物のスペシャリストという肩書だけでなく、知識を得るだけでなく「伝える」こと求められる特性が食育に非常に活用できます。

野菜ソムリエ・プロ・上級プロと階層分けがされているので、取得が不可能な心配はありません。

取得がゴールではなく、取得後も継続的に学べることができる制度・勉強会・産地ツアー・地域イベントが充実しています。

野菜ソムリエ資格

取得に講座受講が必須などコストがかかりますが、所得した著名人がニュースになるほど、知名度抜群権威性高い点が挙げられます。

野菜ソムリエ資格を人材育成に活用した企業・法人・団体が、「資格を取得して良かった」と97%と答えており、仕事に活用できる資格としても充分です。

野菜ソムリエの取得方法については、下記記事でまとめていますのでご参照ください。

③難易度高:調理師

調理師

調理師は、食品の栄養・衛生・調理法などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる国家資格です。

国家資格なので料理のスペシャリストとして権威性も最高で、取得後には「専門調理師・調理技能師」というより専門性の高い資格が受験できるようになります。

料理のより深い知識・技術を取得し、それを他者に教えたい方には非常におすすめです。

栄養士

似たような資格で「栄養士」がありますが、独学や通信教育では取得できず、栄養士養成施設・学校を卒業するしかありません。

調理師は、養成施設の卒業以外に、アルバイト・パートでも飲食店などで2年以上の実務経験と調理師試験の合格で取得できます。

働きながら試験勉強をするのは非常に大変で難易度が高いですが、ユーキャンキャリカレなど通信講座などを活用することで取得難易度を下げられますので、資料請求してみてご検討ください。

※キャリカレは2024年1月25日(木)10:00~2月5日(月)23:59まで、ウインタースペシャルキャンペーンで最大50%OFFのお得に資格取得ができるチャンスです。

まとめ

【食育の仕事に活かせる!難易度別おすすめ資格3選】

食育の分野で役立つ資格を難易度別に3つ紹介しました。

求める知識・資格取得に費やせる時間など、自分にあった資格検討しましょう。

紹介しませんでしたが、食育スペシャリスト食育インストラクターなど食育に関係する資格講座が豊富にありますので、資料請求して詳細をご確認ください。